色男☆


いつも空手の時間を気にして早く帰って来るコジロー。
今日は空手がないとはいえ、いつもより遅いなぁと思い聞いてみると、
日直だったので日誌を書いたりお仕事があったんだって。
そして相棒の女の子は今日は習い事DAY ☆
曜日違いで同じ習い事をしているので、早く帰らないといけないことを知ってます。
なので「あとは僕がやっておくから帰っていいよ」と帰してあげたんだって☆
その子が習い事DAY だというのを覚えていたのもすごいし、男前だなぁ。
コジローのことを好きだと言ってくれている子がチラホラいるらしいけど、
こりゃモテるかもねぇ。

そんなコジローさん、今はサンタさんにお手紙を書くために
ひらがなの練習をしているコトラに、優しく的確に教えてあげています。
なかなかにいい兄ちゃんです♪

気まぐれなので、ふらっと外国に行って帰って来なさそうだし、
たぶん結婚相手には向いてないけど、彼氏には向いてるかもね♪

将棋を指南☆


夏休みに将棋を教えてもらったコジロー。
対戦したばぁば曰く、奇想天外な手を打ってくるのでおもしろいとか☆
しかし残念ながらわたしは将棋ができません…今更覚え方気もなし。
ということで、相手をしてあげられません。
将棋のできるコタローもお父ちゃんも忙しくて相手をしてくれす。
そんなこんなで、コトラに教え始めたコジロー。
昨今の将棋ブームで、コトラが愛読する「幼稚園」の付録で
将棋もどきがあったこともあり、いろいろと教えているようです。
たぶんちゃんと理解してないけどねぇ、優しく教えております♪

この必死さがかわいくて、そして仲睦まじいのがいい感じなので
将棋を覚えて相手をしてあげようとちょっぴり思ったこともあったけど、
やっぱり覚えるのはよそうっと☆
コジロー不在の時もコトラがブツブツ駒を動かしているけれど、
そらがあっているのかもわからない母♪
コジロー兄ちゃん、早くコトラもできるようになるといいね☆

朝日小の運動会☆

今年の我が家の運動会第2弾は、コジローの運動会でした☆

ちょっと曇ったお天気の中での開会式を終えると
すぐに2年生のかけっこが始まりました。
今年からはタイムで走る順番を決めるそうです。
そのタイムを測った時にはクラスで2番だったとかで、
後ろから2番目の組に入りました☆
それにしても人数が多いから仕方がないけれど、
前のグループが半分くらい走ったら次のグループがスタートする慌ただしさ。

コジローのグループを見逃さないようにドキドキでした。

結果は残念ながら4位。
練習では3位の事が多かったらしいので、ちょっと悔しそうでした。
相変わらずスタートが苦手なので、自信を持ってスタートできるようになりたいね。

お次は2年生のクラス別リレーです。
コジローのクラスは3人も転校してしまって少ないということで、
コジローは7番目とアンカーの2回走らせてもらうことになりました☆
アンカーなんて大役を…と思ったら、のんびりクラスの2組さんは
練習でいつも断トツのビリばかりだとか。
コジローがバトンをもらう頃には他のクラスはゴールしていたりするらしい。

そこで母は「それでも最後まで全力で走りなさい。力抜くのはカッコ悪いよ」と。
すると、コジローはキョロキョロし出すし、ダンナさまはニヤニヤするし。
「?」聞くと、「手でも振りながら走れば?目立つよ」と言ったらしい…。

途中まで抜いたり抜かれたりの攻防がありましたが、
徐々に他のクラスとの差が出てきて、コジローがバトンをもらった時には
やっぱり他のクラスはゴールしてしまっていました…。
でも1人きりのトラックを最初から最後まで全力で走ったコジロー、かっこよかった☆
やっぱり子供は一所懸命が1番です♪

続いてはのんびりクラスの2組が得意とする「おっとっと」。
2人1組で上に乗った箱を落とさないように運びます。
途中、音楽が鳴ったらその場に止まって踊りださなくてはいけません。
「UFO」「妖怪ウォッチ」「六調」照れながら踊っている姿がかわいい♪

この競技は背の順に男女でペアを組むので
チビッ子コジローはスターター。そして人数補充でまたまたアンカーも☆

練習では2回くらい負けたこともあるけらど、1位になることが多かったらしい。
リレーでは断トツで遅いのに「おっとっと」では勝てる!という自信もあり
クラス全体がテンション高くがんばれる競技のようです。
結果はうれしい断トツの1位☆

ゴールした瞬間にみんなが飛び上がって喜んでいて、とてもかわいかった♪
クラス一丸となってがんばった競技で1番になれたのがうれしいね。

今年も出させてもらいました、色別対抗リレー☆
選手を決める時にはクラスで1番になったらしく、Aチームで出場。
我が子が足が速いという認識があまりないので…かなり心配…。
とりあえずバトンを落とさないよう、転ばないよう願うのみっ!
練習では誰かしらが転んだりしてビリになったり、良くても3位か4位らしい。

ところがところが、1年生ががんばってくれたおかげで
混戦ではあったけれど1位でバトンを受け取りました。
無事にバトンタッチでき、コジローもなんとかリードを保つことができ、
ほんのちょっとだけれどリードを広げて1位のままバトンを渡すことができました☆
ほーっ、やっとここで一息つくことができましたよ…。
その後、順位を1つだけ下げて結果は2位になりました☆
後ほんのちょっとだったので悔しいところだけど、練習より順位を上げたことが
とてもうれしかったようです♪

総合結果は2位でしたが、応援賞がもらえたらしいです☆
走ってばかりの競技の2年生。
今年は人の倍くらい走らせてもらい、ドキドキだけど人より楽しんだ様子。
いっぱい出させてもらってよかったね♪
昼食後の部活紹介で必要だった拳サポーターを忘れ、
おかげでわたしがお昼休みに急いで取りに戻るなんてハプニングもありましたが…
とてもがんばった1日となりました☆

夜は恒例、ご近所さんとのバーベキュー♪
お互いそんなにお弁当が残らなかったので、お肉を焼きまくりました。
ご褒美にベイブレードを買って欲しいなんて声もチラリと聞こえましたが、
授業の一貫ですからね、オモチャのご褒美なんて即却下!
でもおいしいお肉と楽しい時間でねぎらいました☆
お付き合いのコタロー&コトラもありがとう、がんばったね。

全国大会☆

空手の全国大会が、東京武道館でありました。
一緒に全九州大会に行った後輩の女子2人の応援に行ってきました☆
結果は2人とも残念ながら初戦敗退でしたが、
大舞台で力一杯演武する姿に胸が熱くなりました。

憧れの高野万優ちゃんと写真を撮ってもらい、万優ちゃんの勇姿を見たくて
結局、決勝戦までしっかり見てきました。
全国レベルの高さに口があんぐり。そっとコジローを見てしまった…。
でも話を聞けば、「自分ももっとがんばりたいと思った。」だそうで、一安心。
そうでした、静かに悔しがって、こっそり練習するのがコジローでした☆
今回の予選、同点だったけれど協議の結果、もう1人の子が代表に。
ほんのちょっとの差で代表になれなかったコジローですが、
その後あまり悔しそうにしていなかったので、こっちがワジワジ…。
でも実はコジロー、かなり悔しくて空手の練習以外では腑抜けていたとか。
それを心配した担任の先生に「憧れの先輩が行くなら心から喜べたけれど、
後輩が先に全国大会に行くのが悔しいんだ。」と話していたようです。
ということで、全国レベルとの差を体感し、
コジローなりにいろいろ感じてくれたことでしょう。
来年こそは道着をつけて、この場に立ちたいね☆

3連覇☆

奄美市スポーツ少年団の交歓大会がありました☆
初めての試合として挑んだ一昨年、そして去年と形部門で優勝しているので、
3連覇のかかった大会です。

火曜日の練習で、いつも通り「撃砕1」を練習していると、
師範に「撃砕1で試合に出るわけ?」と聞かれ、??となったコジロー…。
演武って選べるの??と思いつつ戸惑っていたら
「撃砕3やってみなさい。」と仰ったそうです。
そんなこんなで急遽演武が変更になりました☆
やり込んできた演武ではないので不安ではありましたが
こういう時に意外と落ち着きのあるコジロー。
「覚えているから大丈夫!」だって。
その落ち着きは本物だったようで、
送りの車内で「最近ちょっと腰が高いんじゃない?」と
わたしが言った一言でちゃんと修正していました☆
初めてのラストバッターでしたが、落ち着いて演武でき
なかなかに堂々としていて高得点が出ました☆
無事3連覇達成、おめでとう!
さてさて、全九州大会でまたもや自信をなくした組手…。
また?前回、前々回の大会でも1回戦で当たっている選手です。
通算2勝1敗で、相性は悪くないけれど…また大きくなってる…。
チビッ子コジロー、一所懸命向かって行きましたが、手も足も届かず。
気持ちでは負けていないんだけどねぇ、全然及ばずでした。初戦敗退。
小さいながらの戦い方を研究しましょう☆

夜はそのまま海へと繰り出すっ☆
久しぶりに倉崎ビーチに行きました。
日中暑かった割りには海水が冷たかったけれど、
1日暑い体育館でがんばったコジロー&コトラ、公園で遊んだコタロー
火照った体を海でクールダウンできました。
コトラはドーナッツ浮き輪にも慣れたようで、
自由にパシャパシャ楽しんでおりました。
拾ったペットボトルと砂でお城を作り、足の速いカニと戯れたりして。

本当はみんな疲れているはずなのに、まだまだ遊びたい!と元気☆
夜ご飯もお弁当を作っていたので、心行くまで楽しみました♪
ハイテンションのまま帰宅し、シャワーを浴びたら数秒で夢の中。
楽しかったねぇ。
コジローはしばらく試合がないので、日々精進、
今日の結果に油断することなく励みましょう☆