FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めての全国大会☆


ついにやって来ました、空手の全国大会っ☆

去年もこのパネルの前で写真を撮りました。
でも後輩の応援に来ただけなので、私服での撮影。
「来年は道着を着て撮りたい!」と言っていました。
願いが叶ったぁ♪
何も考えずに写真を撮ったわたしですが…実は悔しかったのね…。
こんなことでもがんばるきっかけになるなら良かった。

テレビで見る憧れの全日本代表選手のパネルと一緒に☆
この日は組手のみの日だったので、とても気楽に武道館へ。
後輩の応援をした後はお土産やら記念品を物色。
パネルと撮影した人ができる抽選ではタオルもゲット。
物見遊山感が半端ありませんが、去年とは違う気持ちで楽しめました♪

わたしとしては、今回は全国大会に出ることが目標だったので、
去年悔しい思いとともに見た武道館を、
コジローが心から楽しんでくれるだけで十分なのです☆
正直、このパネルの前に道着を着たコジローが立っているだけで
すでに胸がいっぱいになったのでした♪

そういえば去年はこのパネルの前では写真を撮らなかったね。
コジローなりの思いがあったのかな。
今年は満面の笑みで撮れました☆

ついに始まりますっ!この人数っ!!
形の選手だけでこんなにいるんだ…。
3年生の列を目を皿のようにして探しましたが、コジロー見つからず。
なんだか緊張してきました。

そういえばコジローも、きのうの夜から様子がおかしい…。
大きな大会前でも緊張している様子を見せないコジロー。
こちらがワジワジするくらい普通に過ごしているように見えるけど、
この間の九州大会の後、急に饒舌になったのを見て
やっぱり緊張しているんだなぁと感じたのでした。

大会前になると食欲が落ちるのはわかっていたけれど、
夜眠れないのは初めて見た気がします…。
ハンガーに掛けてある道着を見て「見えると緊張する…」だって。
眠るのに目をつむったら見えないと思うけど…。
ということで、目に入らない所に移動しましたよ。
その後も寝返りが続き、なかなか寝付けなかったようです。

朝もいつもなら試合が楽しみだとスッキリ起きてくるのに、
ゴロゴロなかなか起きて来ない…ならシャワーを浴びれば?
既に集合時間が迫っていることを伝えていたのに…出て来ない…。
覗いたら、なんとお湯を溜めて呑気に入浴を楽しんでたっ!
「5分前行動」の空手部で、いつも急かされるのはわたしなのに。
と、そんなこんなで昨日から様子がおかしくて
大丈夫なのかい?って感じでした。

いいんだよ、とりあえず今年は出られただけで十分なんだよ。
一歩一歩前に進んでいけばいいんだから☆

試合が始まり、自分の呼び出しを待つ間もソワソワ。
上野動物園で買ったシャンシャン、島から持ってきたガンバルンバ。
ぎゅーっと抱きしめたまま、進行している試合も目に入らず。
周りのみんなも、「こんなコジロー見たことないっ!」でした。
召集場への移動、珍しくコジローから手を繋いできました。

わたしはと言えば、心臓バクバクで逃げ出したい。
難しい事だけれど、なんとか1勝させてあげたいのに
何もしてあげられる事がなく、涙が出そう…。
たくさんのライバル達の集まる場所に向かう背中を
ポンと押してあげることしかできませんでした。

対戦相手は岐阜県の優勝者。
大きな大会になるとやたらとタメすぎることがあるので、
「いつものリズム」を大切に演武することを集中。

演武前後の礼を忘れて失格になった選手も見ていたので
とにかくいつも通り、師範に教わったことを忠実に。
後は気合いをできるだけ大きな声でっ!

結果は残念ながら5 vs 0で、完敗でした…。
フラッグが上がった瞬間に涙が出たようで、号泣。
演武が始まった直後にコートに駆けつけてくれた師範のもとへ。
同じ鹿児島代表が同時進行だったので、コートに送り出す時に
背中をポンと押してあげられなかった…と気にしていた師範ですが
こうして迎え入れてくれるだけで心強いものです☆
師範には「いつもより良かった!」と誉めていただいていたそうな。
正直、何が悪くて負けたのかわかりません…。
確かにコジローの演武は悪くなかった。
それでも完敗だったということは、まだ足りないものがあるんだね。
迎えに行き、会ったコジローはまだ泣いていましたが
初めての大舞台で十分がんばりした。
わたしには十分誇らしい結果です。

コジローはいつまでも気持ちの切り替えができないようで
残りの試合を見ている時にも急に涙目になって落ち込んだり
打ち上げの最中に無口になり、飲みも食べもせずに泣いていたり
みんなと一緒にいるのに、1人悔しさを引きずっておりました。

奄美の大会では多少のミスでも優勝できてしまったり、
九州大会では大躍進したこともあり、ちょっと気が緩んでいたかな。
なので、こうして心から苦やしんで泣くのもいい経験。
いつも悔しさをバネに強くなってきたコジローですから。
全国大会の雰囲気というのも勉強になったことだし、
来年またこの舞台に戻ってきてリベンジしよう!
憧れの舞台はほろ苦い経験となったかもしれないけれど
一歩一歩前に進めばいいのさっ☆
この悔しさを忘れずに、島に帰ったらまたがんばろうっ!!
がんばったね、コジロー。
スポンサーサイト

いざっ!全国大会へ☆


いよいよ全国大会に向けて東京に出発です☆
今回は同じ道場から5人の選手が出場します。
コジロー、唯一の男子&最年長ということでキャプテンとのこと。
大会終了後はみんなバラバラに過ごすことになっているので
遠征のご褒美のお出掛けは、東京に着いてすぐ上野動物園へ。
シャンシャンに会いに行きましたぁ♪

この猛暑…東京に着いた瞬間からげんなりしてしまい
暑い&暑いと言いながらの移動と人混みに疲れてしまい
元々そこまでシャンシャンに興味のなかったコジローは
「本当にシャンシャンに会いに行くの?」と言っていましたが
だましだまし40分並んだ後にシャンシャンに会ったら
「かわいい♪モフモフ♪」と、疲れも吹き飛びました☆
木に登っていたシャンシャンがソロリソロリと下りてくる姿も愛らしく
止まることが許されない中、首を伸ばしながら見ていました。
閉園間近だったのでほとんどの動物がお家に帰っていましたが
短い自由時間をふらふら歩き回るだけで十分楽しかったそうです。
なんとなく当たり前のようにパンダのぬいぐるみを買わされたけど…
「すごく楽しかったね♪ありがとう☆」ということで満足っ☆

夜は関西人のノリの串揚げ屋さんでワイワイ食べ、
明日から全国大会が始まるなんて緊張感か全く見られませんが…
まぁ明日は組手だけなので後輩の応援。
夕方にちょっと練習をするだけですからね。
徐々に準備していきましょう☆

群大 沖永良部大会☆


先日の奄美市のスポ少大会で形&組手ともに優勝したコジロー。
この大会は群大選手の選考会でもあったので、
奄美市の代表選手として、沖永良部大会に出場しました☆

例年は4年生以上の大会でしたが、今年から3年生以上が対象となり
またまた遠征できるとウキウキだったコジロー…。
今回は初めて南下の遠征で、なんと朝の5時に港に集合。早すぎっ!
テンション高めの子供たちが船内で寝るわけもなく、
お昼に着いてから午後の練習もあり、体力もつかハラハラでした。
例年以上の猛暑の中、歩いて会場入りしての練習。
他の地域からの代表選手と一緒に、軽く1時間ほど汗を流しました。

開会式直後の個人戦。
コジロー初めてのトップバッターでした☆
先日の浦上祭りで不甲斐ない演武をしたので、指導員の先輩から
「ぶっちぎりの優勝をしてくるように!」との指令が出ました。
基準点となるトップバッターというのは不安材料でしたが
無事、優勝することができました♪
得点も、ぶっちぎりかどうかはわかりませんが
1人だけ20点代に乗せたということで、合格かな?
ただ、今まで見たことのない箇所でよろけました…。
優勝はしたものの、まだまだ納得のいく内容ではありません。

さて、この大会でわたしが1番心配していた競技。
それは団体形でした。
選考会の時に出場していた5年生の先輩が出場できず
その代役として白羽の矢か当たったのがコジロー。
大きい&背の高い6年生に混じり、センターで演武します。
2人の肩までもないチビッ子コジロー。
形が得意とはいえ、タイミングを合わせるのは難しいはずで。
せっかく先輩が獲得してくれた出場権、コジローが入って
入賞できなくなったらどうしよう??と、母は心配でした。
コジローは単純に高学年の試合に出させてもらうことを喜び
プレッシャーなどを感じていないようでしたが…。

練習の時はやはりちょこちょこタイミングがあってなかったけれど
直前の個人形で、6年生の2人が優勝&3位に入り
勢いがあったままで演武を始めることができました☆
みんなの気合いもいつもよりあり、タイミングもあって
とてもいい演武ができました♪
強敵の徳之島、予選で1位だったチームAを押さえて優勝っ☆
肩の荷が下りましたぁっ。
コジロー自身も、高学年チームに混じって優勝できた事が自信になったようだし、
なかなかない高学年との形を楽しめたようでよかったです♪

大好きな先輩の代役を務めさせてもらえてよかったね。

さて、いつもの事ですが、失う物のない組手は気が楽です☆
とはいえ、一応奄美市1位での代表なので、勝って欲しいところ。
ラッキーなことにシードだったからこそ、負けられないっ!
2回戦、果敢に攻めていくコジローの突きが入るっ!
人生2度目の、公式戦での上段蹴りも決まりましたっ!!
判定勝ちや1ポイント差で勝つことが多かったコジローが
大量得点で勝つことができましたぁ♪
準決勝では群大2連覇の、とても強い徳之島の子と当たり
手も足も出ない内にあっという間に6ポイント差を付けられ
残念ながら1分半の試合時間もたず、1分ほどで終了…。
まぁ、準決勝でNo.1と当たってしまったのは運が悪かったよね。
3位決定戦に向けてアドバイスをもらい、
やる気満々に備えたけれど、決定戦はなく3位決定☆
残念そうではありましたが、3位になってよかったね。
ということで、個人形、団体形で優勝。個人組手で3位。
なかなかの好成績で大会を終えることができました☆

最終日は母たちとは分かれ、師範の引率で
タラソでたくさん遊んでから海の見えるレストランでランチ。
母たちは昇竜洞に観光とおしゃべりを楽しみ、
いつもの遠征よりもずっと自由時間がありました♪
とはいえ、実は台風の影響でフェリーが出ないかもとなり、
そうなった場合、全国大会が週末に控えているコジローは
徳之島経由の飛行機で帰ることになるところでした。
フェリーが普通に運航したので、みんなと帰島しましたが、
離島とはいえ奄美大島に住んでいるわたしたちは、
もっと南の島に住んでいる人たちに比べたら便利だと実感。
奄美や鹿児島での大会、他の島の子達の気合いが違う理由が
わかった気がします。鹿児島に行くのも丸1日かかるしね。
そして今回は奄美市の選手団ということで、普段はライバルである
他の道場の子達とも交流があり、お互いに声援を送りました。
ということで、多くの試合を観戦することにもなり勉強っ☆
今回の遠征は、学ぶことの多い、実りある遠征でした♪

コジローの水泳大会☆


基本、今まで「運動神経のいいコジローさん」で通ってきていましたが、
それは水泳の授業が水遊び状態だった時までのこと。
スイミングスクールに通っていたこともありましたが、
副鼻腔炎持ちのコジローには、全身を冷やすプールは合わず
スイミングから帰った夜は鼻呼吸ができないほど…。
クマまでできてしまったので、すぐに辞めることにしました。
ヘルパーを外して泳ぐようになる直前で。
ということで、実は泳げないコジロー。弱点です。

全学年合同で水泳の授業がある芦花部では、
泳げるチームと泳げないチームに分かれて手厚い指導があります。
笑顔で「僕は泳げないチーム♪」なんて言っていたし、
基本的に出る種目は自分で選択する水泳大会では消極的で、
「潜り競争と、ビート板競争しか出ないよ」と言ってましたが、
なんと前日の授業で初めて足を着かずに泳ぎきれたとかっ☆
ということで、ビート板競争の変わりに25mクロールに出場♪
この融通が効くところも小規模校のいいところ。
フォームまでは習っていたはずなのに…全然美しくありませんが
泳ぎきった時の充足感に満ちた笑顔とサムアップを見てじーん。

実はこの日、超人コトラが40℃越えの発熱でお留守番していたので
わたしは急いで帰らなくてはならず…途中で帰りましたが
この後も出場予定ではなかったリレーにも出させてもらったらしく
とても誇らしげに帰って来ました♪
よくがんばりましたっ☆

プレッシャー☆


熊本に来たものの、ホテルと会場の往復と
夕食の為のホテル周辺の散策くらいしかしなかった子供たち。
ちょっとでも自由時間を取ってあげたくて、
大会終了後にタクシーでショッピングモールへお出掛け。
ほんの2時間だけど遊ぶことにしました。
とはいえ帰りの時間も入れての2時間…短いです…。
とりあえずコタロー&コトラへのお土産をささっと買って、
後はコジローのご褒美&お誕生日プレゼントを見ることにしました。
でも実は特に欲しいものもないコジローはキョロキョロするばかり。
遅刻厳禁の空手部、時間ばかり気になるわたしはソワソワ。
結局お誕生日プレゼントには前から欲しがっていたサッカー盤を買うことにして
ホテルで食べるケーキだけ買ってバタバタと帰りました。

帰ってこの写真を見て反省…。
小さな子が遊ぶ魚釣りゲームに夢中になっていたコジローですが
ソワソワだったわたしは「早く帰ろうよぉ」と何度も言ってました。
でもこの笑顔、本当に無邪気に笑ってる。
きっと相当のプレッシャーから解き放たれたからだね。
考えてみればベスト8が決まった夜も、急にしゃべり始めたなぁと思ったんだった。
あんな大きな大会で、前回よりもいい成績を残そうと
自分なりの目標を立ててがんばっていたコジロー。
あんな大きな舞台で1人で戦ったコジロー。
プレッシャーも相当なもんだったことでしょう。
1番近くで応援していたつもりなのに、何も理解してあげていなかった。
コジローの笑顔を見て反省したのでした…。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。