FC2ブログ

大和村まほろばウォーク☆


なぜか最近「なんでもやりたい星人」になってきた、意欲的なコジロー。
七宝焼体験に続き、今度はまほろばウォークに参加したいと言い出しました☆
実はこの日、コジローの学年レクがあったのですが、
こちらのウォーキングの方に参加したいということだったので、
家族で過ごしたいという気持ちを喜びつつ申し込みをしました♪

過去に2回参加していますが、1回目コトラがストライキを起こして大変で、
2回目は豚汁とおにぎりで釣って、雨が強く降る中でがんばりました。
1回目と2回目でステップアップしたということで、
今回は4キロコースから6キロコースへのステップアップをしてみました☆

お天気予報ではかなりの確率で雨が降りそうでしたが…
チラホラ青空も見えたりしたので、カッパを忍ばせる程度で。
コトラは今年も「豚汁♪おにぎり♪豚汁♪おにぎり♪」と
大きな声で繰り返しながら、ご褒美ランチを目当てにがんばって歩きました。

ぜいたくにも1人1台のデジカメを持っている3匹の黒ブタたち。
あれがおもしろい。これがきれいだ。と熱心に撮影していて進まない…。

コタロー&コジローは帰りの上り坂をロードレースの練習と
走って上りましたが、行きの遅れは取り戻せず…ゴールした時には
楽しみにしていた抽選会はすでに終わっていました…。
だけど結果を見たら、大和村産のお野菜の詰め合わせが当たっていましたぁ♪

ただ黙々と歩いていただけの今までと違い、
同じ緋寒桜とはいえ、とても濃いピンクと薄いピンクがあるねぇとか、
以前お花見した内地のソメイヨシノもまた見たいねぇとか、
桜のお花と戯れているメジロを写真に収めようとしたりと、
お花見を楽しみながらのウォーキングができました☆

途中、ドジョウも住んでいるという沼地で、
1本だけ目立つようになっていたススキを「魔法のレバー」ということにして
「あのレバーを引っ張ると、このススキの絨毯がぶわぁって動いて
向こう岸まで辿り着く道ができるんだよ。」というウソをついてみました。
「ウソでしょ?」「本当だよー」という問答の末、
コジローが「じゃぁ確かめて来る!」と沼地へゴー。
レバーに届く前に沼にはまって靴を濡らして帰ってきました…。
んなことあるわけないじゃんっ!
意外にピュアだね、コジロー☆

とまぁ、こんな風に遊んでいたから遅くなったのですが
初めて通った道が楽しかったり、キャンプ場を通ったおかげで
温かくなったら家族でキャンプしてまたいねぇ。なんて思ったり
とても楽しい時間を過ごせました♪

ゴールに辿り着いてお昼を食べ始めたくらいから雨が降りだし、
なんとかその前にゴールできたことにも安堵。
その内お友達との約束が優先になっちゃうんだろうけど、
こうして家族で素朴なお散歩ができるって幸せだなぁと。
満開の桜も見られて、とてもいい週末になりました♪

チャレンジキャンプ冬☆


春にも参加した、少年自然の家主催のキャンプに参加してきましたぁ☆

冬の活動は盛りだくさんです。
まずはグループごとに自己紹介などが済んだら、夕食メニューを決めます。
テーマはお鍋ということで、コタローのグループはぜいたくにもすき焼き☆
何がいくらくらいかを予想し、予算内でどれだけ買えるか話し合ったとか。
この時になかなか計算が合わず、ワチャワチャしていて仲良くなったそうです。

そしてみんなで山を下りた先にあるスーパーまで買い出しに。
これがなかなかの距離ですが、みんなで仲良く歩いたので
そんなにつらいと感じなかったそうです。すごいなぁ。
もちろん帰りは山を登らなくちゃいけないわけで…荷物もあるし…
ということで、帰りはトレッキングになり、
ちょっぴり寄り道をして海を目指して歩いたそうです。
気分的に楽しくなるのか、帰りも全然つらくないし海はきれいだったって♪

持参したおにぎりでランチをしたあとは、春に植えたサトウキビの収穫。
そしてサトウキビを絞って、フライパンで煮詰めて黒糖作りをしました☆
黒糖を作るとは聞いていたけれど、ここまで本格的にするとは思いもよらず。
2つのフライパンのうち、1つは焦げて失敗したけれど
もう1つはちゃんとできて、みんなで堪能したそうです。
いい体験をしたねぇ、なかなかここまで本格的にはできないよ。
そりゃ、お土産に持って帰ってきたのはちょっぴりだよね…ほとんどカケラ…。

ちょっとの牛肉とたくさんの豚肉で作ったすき焼きはとてもおいしかったらしく
〆のおうどんまでお腹いっぱいになるまで食べたそうです。
食後はロウソクの光の下でみんなで家族への想いを語り合ったとかで、
なにを話したのかなぁ?と気になりつつも、教えてもらえず。
聞きたいような、聞くのがちょっと怖いような。
このあと、星座観察はプログラムにありませんでしたが
星がきれいだったからみんなで見ていたそうです。
たくさんの流れ星が見えたそうですが…願い事は忘れちゃったんだって。

春は雨が降っていたので体育館にテントを建てて寝袋で寝ましたが
今回はきれいに晴れていたので、外にテントを張っれました。
コタロー初の野外テントでの宿泊です♪
南国とはいえ一応冬なので寒かったけど、寝袋がすごく暖かかったと。

さて2日目は、木工細工をしたりゲームをしてお昼の食材争奪戦をしたり。
コタローのグループは、お昼のカレーに入れる隠し味でヨーグルトを当てました。
おっ。いいのでよかったね。と思ったけれど…全部入れるルールだったのかな?
大量のヨーグルトで、カレーがマイルドを越えて酸っぱくなったとかで、
やっぱり普通のカレーが食べたかったなぁ。というのが感想でした☆

たった1日半だというのに、本当に盛りだくさんで楽しいキャンプ♪
仲のいいお友だちもいましたが、残念ながら別のグループに。
だけれど、やっぱり躊躇ぜずその場ですぐにお友だちになれて楽しめるコタロー。
初めてのお友だちや、スイミングで顔だけは見たことのあるお友だちと
最初から最後まで仲良く過ごせたようです。
これも1つの才能だよなぁ。
また次の春のキャンプも参加したいようで、最年少で参加した今回と違い、
春は経験者&上級生として参加したら、また別の楽しみがあるかもね☆

本当に本当に、とても貴重な体験ができてよかったね♪

あったどこね☆


芦花部小学校の授業の一環で育てた「あったどこね」を持って帰ってきました☆
有良集落のブランド大根です。
葉も実も大ぶりで、辛みと苦味が特徴らしいです。
お野菜の高騰が激しすぎて買えない上に
今年の我が家の畑も不作で…とても助かります♪
あったどこねも育ちが悪いと言われていたらしいけれど、
収穫前にグングン育ってくれたそうです。

さぁ、どうやっていただきましょうか?
おでんにしようか豚汁にしようか。迷ってしまうぅ。

七宝焼☆


我が家の「なんでもやりたい星人」はコタローだと思っていましたが
今回は珍しくコジローからの「やってみたいなぁ」でした。
学校から七宝焼体験のお便りを持って帰ってきて、
「スプーンかフォークを作りたいなぁ」と言ってきたので
どうせなら各々が使うスプーンとフォークを作ってみようということに☆
実は以前にも七宝焼は体験済みですが、作ったキーホルダーは
七宝焼部分がすぐに外れてなくなってしまっていたのてした…。
それにダンナさまとコトラは体験していなかったしね。
ということで、みんなで張り切って申し込んでみました♪

色選びの時、コジローとわたしは丸かぶりという…
なのでわたしはちょっとアクセントを付けたりして趣向を凝らしました。
他はみんな特に迷うこともなくちゃちゃっと決めて
説明通りの手順で、各々が集中して作業。

窯で焼いてもらう前に手慣れたスタッフが手直ししてくれるようでしたが
無事、手を加えられることなく自力の作品を焼き上げてもらいました♪

意外にコトラもちゃんとできました☆
なるべく自分でやりたいとのことで、最後にわたしがちょっと手直ししたくらい。

完成っ☆
会心のできの作品もあれば、ちょっと凸凹しているのが気になる作品、
思ったのとちょっぴり違った色合いの作品やら、いろんなモノができました。
早く使いたいとのことで、ケーキを焼かなくちゃいけないかしら?
これからの食卓を彩ってくれそうです♪

スキー旅行 DAY 3☆


最終日は半日しか滑れないというのに、寝坊してしまった去年…
大慌てした苦い思い出がありましたが、今年は違いますっ!
早朝の温泉を楽しむじぃじにくっついて行くために朝早く起きたコタロー。
目覚ましで起きたけれどボーッとしているわたしたちをよそ目に
早々に朝食の順番待ちの列に並んでくれたおかげで
何もかもがスムーズに運び、思ったよりも早くにゲレンデに出られました♪

きのうの1日で何度も中級コースを滑ったコタロー&コジローは
もう何の苦もなく滑れるようになったそうです。
そしてコトラも少しずつ距離を伸ばし、遂に初級コースは全て滑れるようにっ☆
更に去年もアドバイスをくれたリフトの係員さんが、今年も見守ってくださり
そのおかげで自分でリフトから降りられるようにもなりました。
椅子の高いリフトに自力で座るのは無理だとして、他は全部自力でクリア♪
子供の自信は本当にすごい力があるんだなぁと驚きました。

さて、実は去年スノボの方が今時に見えたコジローは、
なんだかスキーは古くさくて恥ずかしいと感じたようですが…
それは完全に開ききったボーゲンのせいではないかと。
ということで、完璧ではないもののパラレルの滑りを見せてあげました。
すると、こっそり練習をしていたようです。
もちろんまだまだ全然できていませんが、
スキーが恥ずかしくなくなったみたい☆

さてさて、例年より新幹線の時間を遅らせたとはいえ、半日しか滑れません。
もっともっと滑りたいと言うコトラをなだめて、最後の1本。
どうせなので、4人みんなで滑ることにしました。
「コトラも全部自力で滑ってねぇ。」と言うと、なぜか「嫌だ。」と。
あれっ?さっきまでガンガン滑ってたのに?と、説得しました。
なんとか滑ってくれたと思ったら…なんと中腹で派手に転びました!
この3日間で初めて見るくらいの派手な転び方。
ブーツを付けたままの状態で板も外れちゃっていて。
そんなこんなでコトラはパニックで大泣き。
滑る前に嫌がったのは、何かを察していたのでしょうか?
「だから嫌だって言ったんだ!もう一生スキーなんてやらんっ!!」と大激怒。
時間的にどうしても最後の1本だし、でもこのまま滑らないで帰ったら
嫌な思い出で終わってしまい、来年は滑らないとか言い出しそうだし…。
と、あれこれ考え、あれこれ言葉巧みに誘って、無事に滑らせました☆
先に滑り降りてじぃじにコトラの惨事を話していたコタロー&コジロー。
慌てて様子を見にゲレンデに出てきてコトラを見守ってくれました。
そしてなんとか説得に応じてゆっくり慎重に滑ってくれたコトラ、
じぃじを見つけると、じぃじの方に突進していきました。
そして笑顔で迎えてくれたじぃじに、「楽しかったぁ♪」
あらあら、またまたじぃじマジックです☆
ほんのちょっと前の一生やらない宣言は、いとも簡単に撤回されました。

コタロー&コジロー&コトラ、今までで1番楽しんでいる感じだったね。
来年も連れて行って♪とおねだりしちゃいましょう☆
じぃじマジックのおかげて子供たちがみんな滑れるようになったので、
来年はみんなで一緒に滑ろうねぇ。
ということで、今年のスキーはおしまい。
また来年っ☆

スキー旅行 DAY 2☆


さてさて2日目です。
夜の豪華ビュッフェでお腹がはち切れるくらいにモリモリ食べたのに
朝もいーっぱい食べたので、思いっきり体を動かしましょう♪

コタロー&コジローはきのう半日ゲレンデ慣らしをしたし、
晴れて見通しもよくなったので、中級コースに行くと張り切って出掛けました☆
ちょっと遅れてスタートしたコトラですが、
きのうの練習のおかげでかなり自信満々の様子でした。
小さな坂を数回滑った後、じぃじと2人で練習すると言うので
コタロー&コジローと合流したわたし。
数回初級コースを滑った後で中級コースに行こうと誘われ…
大丈夫かと思ったけど…思ったより急で怖かった…。
でもコタロー&コジローは何回か滑っていたので、母もがんばりましたよ。
途中、お母ちゃんにかっこいいところを見せようと思ったコジローが
見事に派手な転び方をし半泣きだったので、それを鼓舞しながら
なんとか元気を取り戻させて下までたどり着いたのでした。

するとすると、じぃじとどんな練習していたわけー?
初級コースの下の方ですが、かなり長い距離を滑って見せてくれたコトラ☆
すごいっ!すごいっ!すごすぎますっ!!
またしてもじぃじマジックなのでしょうか。

ということで、えっちらおっちらコトラを引っ張って坂を上るのが面倒なので
リフトに乗せちゃいました♪係員さんが乗せてくれ、降りる時は抱っこで。
そして途中まではわたしの足の間で滑り、裾の方からは自分で。
これを何回か繰り返し、少しずつ距離も伸ばしていきました。

コトラが滑り始めたのを見て、応援したくて近寄ってきたコタロー&コジロー。
それまでは自由に滑りまくっていたのに、急にコトラにまとわりつくぅ♪
3人でゆっくり滑ったりして楽しそうでした。
あまりにコトラに接近しすぎて、進路妨害になったりもしていたけれど…。
でもおかげで蛇行したり人を避けるのが上達しました☆
家族で練習していたお父さんが、コトラの行き先辺りに止まったので
低学年くらいの子が「お父さん危ないっ!」と叫ぶと
「大丈夫、この子は上手だから。」なんて言っている場面にも遭遇。
恐ろしく小さな子供が何度も滑り降りて来るので目立ったのかな。

お昼休憩があったとはいえ、朝からずっと滑っているので
疲れて早く上がるかと思ったけれど、リフトに乗り始めてからというもの
ほぼノンストップで、滑り降りるとリフトに直行で滑り続けておりました☆

今日の1日で自信が付き余裕も出てきたコトラ。
明日も兄ちゃんたちと一緒に楽しく滑ろうねぇ♪

スキー旅行 DAY 1☆


今年も連れて来てもらいました、越後中里のスキー旅行☆

会社のスケジュール通りのお休みのダンナさまはお仕事があるので
東京駅まで一緒に行ってから成田空港へと向かいました。
一緒に行きたかったけどね、わたし達だけもう少し遊んで帰ります♪

東京駅では恒例の新幹線との記念撮影☆
今年はコトラが憧れているはやぶさが近くに止まっていました♪
やっぱりかっこいいねぇ。

今年は寒波がやってきた為、雪も豊富にあるとここと♪
まぁ去年もそんなこと言っていたし、新幹線を降りると雪が降っていましたが
ゲレンデは雪がなくてはげているところもチラホラあり…
上の方はリフトが動いていないという残念な結果でした。

ところがところが、今年はすごかった!
雪の降り方も激しく、視界が白っぽく見えるほど。
バス停まで歩くだけで雪まみれになりました♪

ということで、ゲレンデがいい感じなのでコタロー&コジローは
「行ってこーい☆」と、もう慣れたはずのゲレンデに放り出しました♪
さぁ、今日はコトラの特訓です。
わたしはスキーを借りず、コトラにがっつり付き合う態勢を取りました。
とはいえ、じぃじコーチのアシスタントですが…。
先日のYetiでのヘナチョコぶりをよく話しておいたので、じぃじも覚悟してましたが
なんということでしょう、コトラ、そんなに怖がらないっ!
30センチでもぎゃぁぎゃぁ言ってたのに、じぃじの言うことには素直です。
なんなんでしょう?じぃじマジック☆

ゲレンデ入口の、ほんのちょっとの坂を何度も何度も滑ってみて、
なんとなくですが滑れるようになって自信も出てきた感じ♪
後半は疲れて力が入らなくなったようで転んでばかりだったけど、
転び方も上手になってきていて、めきめき上達しました。
1度ちょっと距離を伸ばしてみたら…転びまくって怒りだしたので、
雪だるまを作ったり板を脱いで気分転換をしたり。
コタロー&コジローがリフトの終業時間までがっつり滑り寒くて戻ってきたので
今日の練習はここまでー☆
コタロー&コジローに披露し、大袈裟に誉めてもらって気分がいい内に
明日もがんばって練習しよう!と終わることにしました。

じぃじマジックのおかげで、楽しいスキー旅行になりそうです♪

Yetiで初滑り☆


ここ最近はダンナさまを置いてきぼりにしてスキーを楽しんでいるわたしたち。
積極的にスキーをしたがるダンナさまではありませんが
やっぱり気になっていて…一緒に滑りたいなぁと。
毎年行っている越後中里に一緒に行くには経済的に急だったので、
伊豆のお家から車で行ける、富士山麓にある人工スキー場のYetiに行ってみました。
周辺地域には何度も遊びに行っていましたが、車が変わりナビが変わると
ルート案内が全然違うものになり、驚くほど早くに到着できました♪
人工とはいえ、こんなに近くで気軽に行けるスキー場があるなんてすばらしい☆

入場にはちょっと時間が掛かりましたが
無事にみんなの分をレンタルすることができたので、
まずはゆっくりスタートしました。

今回の目的の1つはこれ。
コトラを滑れるようにすることでしたー☆
とりあえずコタロー&コジローはダンナさまと数回滑り、
2人だけでも大丈夫なのを確認してから自由行動にしました。
そして、コトラを猛特訓!
去年はおもちゃのプラスチックの板でわたしの足の間で滑りましたが
今年は本物のブーツと板で自分で滑れるようになってもらわねば。
4日からはじぃじ&ばぁばに越後中里へ連れていってもらうのに、
「やっぱりスキーはやらない!」なんて言われても困りますからね。

重くて歩きづらいブーツを嫌がることなく、板も順調に履けました。
ところがところが…たったの30センチほども大騒ぎで滑れない…。
何もしていないのに大泣きで練習もしてくれない…。
スクールの小さな子供たちの練習をチラ見して真似してみるも
とにかくものすごいビビりで、手を離そうもんなら大パニックです。
動く歩道の付いた初心者コースで練習しようにもなかなかで、
たまにコタロー&コジローが遊びに来て応援すると笑顔にはなるものの
あまりの本人のやる気のなさに諦めました…。
これはもう、越後中里でじぃじに教わるしかないね。

教えるのも面倒になったことだし、遅めのランチをとった後は
初心者コースの方が整備に入ったこともあり、リフトに乗っちゃいました☆
またまたわたしの足の間に入って滑ることにしました。

突然人が変わったように大はしゃぎで大笑いを始めるコトラ。
まだ早かったかな?こっちが楽しいなら、それでいいよね。
ということで、夕方はわたしと一緒にビュンビュン滑りました♪
すでに何度も滑りまくっていたコタロー&コジローに案内してもらい
初級&中級コースを何度も滑り降りる☆
こうして富士山をバックに写真を撮ったり一緒に滑ったり。
リフトに並んでいる時や、コタロー&コジロー、ダンナさまの背中を見ながら
コトラと一緒に滑るのは本当に楽しかったぁ♪
お泊まりする訳じゃないけれど、「家族旅行」って感じでした☆
アメリカで行って以来2度目のダンナさまは、コタロー&コジローが思ったより
ずーっと上手だったことに驚いておりました。
自分より上手なんじゃない?と思っていたそうです。
どんなスポーツをしても敵わないと思っていたダンナさまにスキーでは勝てる♪と
実は喜んでいたわたし。まぁ、来年には負けるのでしょうが…。

オールナイト営業だったので、遅くから遊びに来ている人もいましたが
空いてきたゲレンデでいつまでも張り切っていたのがコトラ☆
日が落ちてナイター仕様になるとぐんと寒さが増し、
寒さに負けて帰ると言い出した兄たちを尻目に、まだ行くと言い張る。
練習もがんばったことだし、滑りたいと言うなら。と付き合っていたわたしも
そろそろ帰りたいなぁと思いましたが、まだ帰らないと言い張る。
結局、コトラ本人も疲れ果ててリフトで寝そうになったのを機に帰りました。
そんなに楽しんでいただけて何より♪
やっぱり家族みんなで。ってのがいいんだなぁ☆
この近さなら来年以降もまた来られるねぇ♪なんて言いながら
回転寿司を堪能して帰ったのでした☆

伊豆高原の湯


2018年がスタート☆
去年は寝過ごしてしまい見逃した初日の出。
今年こそはちゃんと見ようと思い、目覚ましもセットしたので起きられました。
伊豆のお家から見られる、すばらしき初日の出♪
コジロー&コトラは元々起きる気がサラサラありませんでしたが
コタローは目覚ましもセットしたし、ちゃんと起きてきました。
そして2階のラウンジにて振る舞われている甘酒と紅白餅を堪能。
初日の出というより、こっちがメインだったのかな?

二度寝したわたしも含め、みんなゆっくり目に起きてからお雑煮を囲みました。
最近はわたしが作るものの、仕上げは結局ばぁばが担当…
いつまで経っても母の味を受け継いで再現できません…。

さて、じぃじ&ばぁばからお年玉に加え
鹿革と漆の伝統工芸の筆入れまでもらいました。
漆で描かれた絵柄はトンボ。前にしか進まないトンボは「勝ち虫」と呼ばれ
とても縁起がいいそうです。3人とも、前進しまくれぇっ☆

さてさて、隣町に住む大叔父に新年のご挨拶をしに行き、
お年玉と甘ーいおもてなしを受けたあとは、コジローが以前から気にしていた
泥パックしながら温泉が楽しめるという「伊豆高原の湯」へと。

そうですか…。

もうちょっと楽しそうにしてよ…。

泥が補充される前だったので、かなり控え目にしか塗っていませんが、
潤沢にあった女湯でわたしは顔だけでなくデコルテなどにも塗ったくりました♪
考えてみたら、我が家はメンズばかりなので、泥パックを楽しむのも1人…。
せめて写真は撮って後からでもワイワイしようと思ったのに
女湯のカメラが不調でデータが保存できず…完全に1人ぼっちでした…。
それでも1人きりで邪魔されることなく数種類の温泉を楽しみましたけど♪
目の前で小さなリスがじーっと温泉を見ていましたよぉ。

うれしいことに、通常の子供の入場料が500円なのに、冬休み中は100円っ!
大人もクーポンでお安く入れたし、とてもお得感いっぱいでした。

温泉の後はやっぱり牛乳っ☆
コタロー&コジローはコーヒー牛乳。コトラはフルーツ牛乳でした。
本当は高原ビールのサービス券をもらっていましたが、
お隣の食堂に行くとそれ以外もオーダーしてしまうので、
ばぁばが夕飯を作って待ってくれている今日は缶ビールでがまんしてくださいな。

と、それぞれに温まった体に冷たい飲み物で心地よくなり
さらに無料のマッサージ機で足をモミモミしてもらいながら
今度はホールで貸し出しているマンガを楽しみました。
マンガ喫茶に行ったことがないけれど、こんな感じなのかな?
壁一面に並べられたマンガから、自分たちの読みたいものを手に取り
のーんびりしながら読みふけっておりました。

すると今度は帰るタイミングがわからなくなりそうで…
みんなキリのいいところまで読んだ時点で帰ることにしました。
今後は続き読みたさに、ここに誘われるのではないかと不安でございます。

今年の冬休みはのんびり過ごすと決めていたので
今日はとても素晴らしい1日となりました♪
近場すぎたのと、家に温泉があるのにわざわざ出掛けることもないと思い
気になりつつも来たことのなかったこの温泉。

たまにのんびり来て過ごすのもいいかもね☆