FC2ブログ

大好きなじぃじ☆


そもそもじぃじ&ばぁばが島に遊びに来てくれた理由、
それはコジローの「じぃじに会いたいなぁ」のリクエストでした☆

夏休みに何度やっても勝てなかった将棋。
いろいろとコツを教わってはトライして。
もちろんそれでも勝てなかったけど、また教えて欲しいなぁと。

昔からサッカー好きなじぃじ。
伊豆ではキャッチボールや野球を教えてもらっているけど、
今回はサッカーを教えて欲しいなぁと。

毎年、夏と冬の長期休暇はガッツリ東京で遊んでもらうけど、
冬休みから夏休みまでの間はちょっと長くて…会いたいらしい。
そんなこんなを電話で伝えたりもしていました。

孫からの熱烈アピールを受けたじぃじは、
「会いたいと言ってくれる内が華だよなぁ」とかなんとか言って
本当は忙しくて予定があるというのに、遊びに来てくれたのです♪
ということで、コトラを送りがてら、コジローの群大の応援に来てくれました☆

お迎えに行く時もソワソワ。
空港からそのまま空手の練習てしたが、帰りはじぃじと2人でごはん♪
学校から帰り、やることを済ますとすぐにじぃじと公園へ。
じぃじが帰る日もギリギリまでサッカーしようとおねだり。
「じぃじ!じぃじ!!」と甘えまくっておりました♪

じぃじは用事があったので一足お先に東京に戻りましたが、
ばぁばはもうちょっと居てくれるとのこと。
なのにじぃじのお見送りの帰り、秘かに車で泣いていたコジロー…。
そしてそのままふて寝しちゃいました。

実はかわいいばかりの孫のはずなのに、本気で怒られたことのあるコジロー。
でも本当にじぃじの事が大好きなんだねぇ♪
忙しいのにわざわざ遊びに来てくれたじぃじに感謝です☆
また夏休みには遊びに行けるし、今回いっぱい遊べてよかったね♪

奄美群島空手道大会☆



コジローが楽しみにしていた群大がありました☆
徳之島の亀津に形の県チャンピオンがいるため、
自分の実力を確認できる、とても大切な大会です。
今年も全九州大会を目指し、できれば全国大会も。と思っているので
コジロー自身も気合いが入っていました。
上を目指すなら、加点が望める難しい技を習得した方がいいと、
最近はずーっとセーパイの練習をしていました。
難しい演武なので、試合でやっていいとの師範からのお許しがなかなか出ず
時間があれば中学生の先輩に教えを乞い、みんなが帰った後も居残りして
黙々と練習を重ねてきました。
そして試合直前になり、師範から「まだ完璧ではないから順位が下がるかもだけど
これから先のことを考えてセーパイをするか?
それとも完璧なゲキサイ第三で優勝を目指すか?」と言われたそうな。
そしてコジローが選んだのがセーパイ☆
確かに金メダルが欲しいけれど、上を目指していくそうです。
そして挑んだ初めての試合。

残念ながら1回ぐらつき、1回足がスムーズに動かずで3位となりました。
でもチャンピオンとの差は2年間でだいぶ縮まったようだし
2位との子とは総合点では同点だったので、十分がんばりました☆
号泣するかと思いきや、師範に言われていたから覚悟していたと。
本人的にはぐらついた事は悔しいけれど、納得の結果だそうな。

教育実習ですごくかわいがってくれた先生がサプライズで応援に来てくれました♪
文字通り二度見していておもしろかった&かわいかった☆

形の団体戦は初めてゲキサイ第三で出場しましたが、
だいぶ揃うようになってきていて、準優勝しました☆
一方組手は…セーパイやることに全神経を使ったのか、腑抜け状態…。
試合前も全然精気がなく、初戦敗退でした…。

そして試合後は、全国制覇したことのある先輩にまた教えを乞うコジロー。
セーパイのことで頭がいっぱいのようです。
まだまだ課題は山積みだけど、1ヶ月後の県大会と選考会に向けて
すでに前を見て進み始めている様子☆
がんばれー!

個人形 第3位
個人組手 初戦敗退
団体形 準優勝
この結果は祝勝会なのか、残念会なのか。
本人は残念会だと言っていましたが、十分立派な祝勝会かと。
ということで、最近「肉!肉っ!」なクロブタ3匹とお肉祭り♪
じぃじ&ばぁばのおごりですが☆
初パスタンでお肉をたーっぷりいただきました。
最近サッカーにも夢中なコジロー、テレビ中継に真剣なのと、
たぶん疲れきっての食欲不振でそれほど食べられずで
コタロー&コトラの方が食べていた気もしますが…。

ここ最近、試合でセーパイをやり、セーパイで上位に入ることを目標に
居残りしまくりで挑んだ大会。
師範の許可がおりたことで1つの目標は達成できましたが、
秘かに狙っていた優勝には届かず悔しい思いもしました。
それでも最大の目標の県大会と選考会まではまだ1ヶ月あるっ!
この1ヶ月どうがんばれるかで、いろいろ変わるはず。
今度こそ自分の目標を達成できるといいね。
とりあえずこの大会、お母ちゃんは十分がんばったと思います。
おめでとう、コジロー☆

ありがとう芦花部小学校☆


特認校制度を利用して1年間通った芦花部小学校。
とてものびのびと過ごせ、小規模校ならではのイベントや雰囲気が好きで
来年度も継続しようか、それとも元の学校に戻ろうか、とても悩みました。
5年生の宿泊学習、6年生の修学旅行は元の学校のお友だちと行きたいということで
大規模校に戻ることにしたコタロー。
ということで、いよいよ芦花部小学校とお別れです。
過日の小中学校卒業式では文字通り号泣したというコタロー。
きっと学校にお別れをする自分の姿も重ねたのでしょう。
親としては晴れ晴れとした顔で去るより、どちらの学校も好きだからと
別れを惜しみながら去る方が、楽しかったんだね。と思えて安心です☆

さて、やはり出入りの多い小学校だからでしょうか?
クラス文集を作ってきました☆
3年生4人、4年生4人の合計8人の複式クラス。
イベント毎の作文やらお互いのメッセージ。
それぞれの個性がすばらしく見て取れて、なんともまぶしい文集です。
本当に「卒業」みたいな感覚で、とてもいい思い出です。
芦花部小中学校、1年間お世話になりました。ありがとうございました☆

とはいえ、お友だちは近所にいるし、来年度はコジローが通うので
イベントに参加したりと、このご縁はまだまだ続きます♪

お帰りー☆


2週間の東京留学を終え、じぃじ&ばぁばと帰ってきてくれましたぁ☆
東京での甘えまくりの生活が快適すぎて、しまいには
「このままじぃじ&ばぁばと一緒に東京で暮らそうかな。」と言ったとか…。
最初こそ静寂を楽しんだコジローですが、数日すると
いつもチョロチョロ周りにいたコトラがいないのが寂しくなったらしく、
飛行機の到着は夕方だというのに朝からソワソワ。
ラッキーなことに卒業式で学校がお休みなので、お迎えに行きたくてウズウズ。
なんかかわいいなぁ。と思ったのでした♪

さて、美味しいもの三昧で以前にも増して丸々して帰ってきたコトラ。
今度はコタロー&コジローのリクエストで美味しいもの三昧の日々です☆
まずは「まんてん」。コタローが生物解禁になってから初めてのまんてん。
3匹のクロブタたちの暴走が止まらず…7人で59皿も食べましたっ!
途中、食べ終えたお皿の置く場所さえなくなり、テーブルの下に積み重ね。
じぃじ&ばぁばはあまり夜ご飯は食べないので、このほとんどはわたしたち。
ってか、クロブタたちです…。
今後は腹八分目まで食べてから来ましょうかね☆
やっぱり3匹揃った方がしっくりきます☆

ラブレターfrom コトラ☆


東京留学しているコトラからラブレターが届きましたぁ♪

4年前、コトラが生まれてすぐの夏休みにコタローと2人で東京に行ったコジロー。
行く直前に「コトラへ。うまれてありがとう。」という
なんとも涙を誘うラブレターを書いてくれたのです☆
いたく感動したわたしは、会えない間はお手紙を書いてね。とお願いすると、
ドラマ「北の国から」さながらの、コトラに語り掛けるラブレターばかり。
そして先日そのお手紙をたまたま目にして改めて読んで感動。
ということで、コトラにも同じお願いをしてみました。
「会えない間は何しているかわからないから、お手紙書いて教えてね。」
と言いましたが…お手紙を書く時間になると、理由を付けて逃げ回るとか…。
挙げ句「くるまにあきました。」って…残念すぎるっ!

さて、4歳の時に生まれたばかりのコトラにラブレターを書きまくったコジロー、
コトラがいなくなった当初は静かだと思ったようですが、
遊び相手がいなくて寂しいそうです☆
一方コトラはそんな優しい兄の気持ちをよそに留学生活を満喫しております♪

コックさん☆


優しいじぃじ&ばぁばに甘えることに余念のないコトラ☆
毎日のようにスーパーに行っては、イチゴだキウイフルーツだとおねだり。
なぜかというと、サンドイッチ作りがしたいからなのです。

ずーっと憧れていて、ようやく始めることになったZ会では
小さいながらもキッチンのお手伝いをする課題があります。
今月号はおもてなし料理にもなりそうな、
パンの上に彩りよく具材を乗せていくサンドイッチです。
サンドはされてませんが…。
ということで、パンやフルーツを小さく切っていきます。
猫の手じゃなくてヒヤヒヤするっ!

楽しそう♪

楽しい上に美味しいんだから、そりゃはまる☆
ということで、フルーツのデザート系だけでなく
ハム&きゅうりとかチーズとかトマトとか
いろんな種類を何回も作っては
毎回ほぼ自分で食べたとか…食べ過ぎです。
帰ってきてからも作ってもらおうかなぁ♪

お寿司屋さん☆


ばぁばから送られてきた写真。
…わたしだったら絶対に買わない「ねるねるねるね」系のお菓子…。
じぃじとドラッグストアにお買い物に行き「欲しいもの1つだけ買ってあげる」
そう言われて選んだのがこのお菓子だったそうです。
まぁ、お母ちゃんにはダメって言われるだろうけど
じぃじなら買ってくれるから、そりゃ頼むよねー。と納得。
まぁ1度出来上がりを食べてみればもうねだらないかなぁと思ったし、特別☆

じぃじに聞きつつ、自分でがんばって作っていたそうです。
「で、食べた感想はなんだって?」と聞いてみると、
「粘土なんだから食べられる訳ないじゃんっ!」との返信が。
「それ、お菓子だけど。」と教えてあげると、それはそれは驚くばぁば☆
じぃじにこっそり教えたら、同じくとてもビックリしていたとか。
いやいや、お菓子売り場にあったでしょ?

「おいしそうな匂いだねー♪」と言っていたコトラも
まさかのハイエナセンサーが稼働しなかったらしく、お菓子と気づかず。
ばぁば的にもこれは食べさせたくなかったらしく、コトラには内緒だったらしい。
そんなこんなで、作っただけで満足したコトラ♪
味がどんなだか、ちょっと気になるけどねぇ☆

子離れできず☆


きのう、あまりにスンナリお別れされちゃったもんだから
やっぱりわたしの方が寂しくてたまらず…電話で様子を聞くも
ずーっと楽しそうにお話していて、なかなか寝付かなかったとか。
あぁ…予想はしていたけど、お母ちゃんがいなくても問題ないのね…。

気軽に留学を提案したものの、幼稚園の体験入園で泣いたというブログを読んで
ちょっと預かることが不安になってきていたじぃじ。
兵庫の説明会に連れていくから、一緒に帰るか?なんてことも考えたらしいけど、
コトラのリラックスしまくりの状態を見て、大丈夫と思ったみたいです☆

で、寂しくて仕方のないわたしは、説明会の準備か始まる夕方まで
自由時間だということを知り、実家に遊びに行ってしまいました☆
ついでにお昼ご飯もたかっちゃった♪
お出かけの時の、じぃじ&コトラの仲良しなこと。
いい笑顔するなぁ。

にぃに達という遊び相手がいないので、オモチャを1つだけ買ってくれることに☆
はい、迷わずに選びました「仮面ライダーのドライバー」。
クリスマスには「変身できないからいらない」と、ベイブレードにしましたが
やっぱり後悔…欲しくて仕方がなかったのでした。

そりゃうれしいよね♪
よかったねぇ。

夏休みに食べて気に入っていた焼肉屋さんで1.5人前の定食をたいらげ
ずーっと欲しかったドライバーを買ってもらったら、そりゃ満足だよね。
今度は早く装着して遊びたくてたまらなくて、
じぃじ&ばぁばのお買い物を急かしては帰りたがる。
まぁね、気持ちはわかるよ。わかりますよ。
でもね、やっぱり母はさみしいのです。別れたくないのです。
いやいや、コトラに別れを惜しんで欲しいのです。
はい、そんな母の願い叶わず、あっかんべーして去って行きました…。
かわいくないなぁ。

その後ちょくちょく電話しては様子を聞くものの、
母を恋しがる様子なんて微塵も見せることなく楽しんでいるようです。
コトラ、お母ちゃんはさみしいぞぉっ!
ということで、わたしは無事に東京会場での説明会を終えたので
明日は兵庫の会場に向かいます。
そうしたら当分コトラには会えないんだなぁと、
やっぱり親離れより子離れの方がずーっと難しいんだと実感しております☆

東京留学☆


先日、南海日日新聞のインタビューを受けました。
「クロウサギ留学」なる、里親が内地から来る子供を預かり小規模校に通わせる
離島留学制度が4月から始まります。
島に移住して、更に我が子が小規模校を選択して通っているということで
体験者としての話を聞きたい。というのが主旨でした。
そしてその話の続きとして、東京と兵庫で行われる説明会で体験談を話して欲しい
ということで、主婦のくせに出張なんてすることになりました☆

日頃たくさんの人に助けられて生きている矢野家。
わたしが内地に住んでいたら、是非ともこの制度で子供たちを留学させたい。と
そう思っていたであろう素晴らしい制度なので
わたしの話でお役に立つのならとお引き受けしました♪

さてさて、平日にお家を空けるということで…コタロー&コジローは
極力自分のことは自分でしてもらうことにし、自立のチャンス☆
コトラは…自立には早すぎるし、ダンナさまも忙しそうだしなぁ…。
と、東京にいるじぃじ&ばぁばが「どうせなら春休みまで留学したら?」と。
とりあえず東京まで飛行機に乗せてしまえば、しばらく東京で預かり
春休みに遊びに行きがてら送って来てくれるとのこと☆

この提案を話した直後こそ「どうしようかなぁ?」なんて戸惑っていましたが、
じぃじ&ばぁばの所に行けばわがまま放題&おいしいもの食べ放題だと気づき、
とっても楽しみにし始めましたぁ♪

ということで、羽田空港に迎えに来てくれたじぃじ&ばぁばに会うなり、
母と別れることになんの躊躇いもなく、笑顔で去って行きました…さみしい…。
そして10分後、もううれしそうにご飯を食べている写真がっ!
別れてすぐに「何食べたい?」と聞くと、「肉っ!肉っ!肉っ!」と言い、
チキンサンドのプレートを頼んでのこの笑顔☆
しかし食べてみるとマスタードがたっぷりだったらしく、
ポテトだけ食べたら、後はじぃじがオーダーしていたハンバーグステーキと交換。
もちろんこちらのポテトもゲットで、いきなりわがまま放題♪

最初はじぃじ&ばぁばも「帰りたいって言った時点で送って行くよ」
なんて言っていましたが、この分なら予定の2週間は余裕ですな。
コジローに「3食おいしいものばっかり食べてたら太るから、にぃににわかるよ」
と、おいしいもの三昧に牽制かけられてましたが、
まぁ、食べまくってコロコロになって帰って来るでしょう。

幼稚園入園前だからできる、たった1人での長期東京滞在。
じぃじ&ばぁばを1人占めして楽しんでおいでー♪

はげ!たまがりじゃ!トンネルツアー☆


ラジオ局で働くお友達から、とてもステキなお誘いを受けましたぁ☆

建設中のトンネルを見学させてくれるというバスツアーです。
まず、観光バスでお出掛けなんて、幼稚園の遠足くらいだし、
バスでお出掛けという時点でワクワクしちゃいます♪
大好きな国直のビーチに続く、根瀬部から国直へのトンネルなので、
このトンネルが開通したらこの山道を通らなくなるんだなぁと思いながら
ユラユラと山道を揺られて着いた先には、初めて見る工事中のトンネル☆
壮大な工事現場に圧倒されつつ、中に入れることにワクワク♪

持ってきた長靴と借り物のヘルメットを装着してトンネルへGO☆

こんな大きな働く車にも乗ることができ、アームを動かさせてくれましたっ!
いいなぁ、お母ちゃんも乗りたいなぁと本気で思っていましたが
コジローの「頼めば?」にも…無理だよ…大人って嫌だね…。

トンネルのしっぽ☆
なかなか見られないトンネルのしっぽには、小さな小さな穴が。
ここに火薬を詰めて発破させて掘り進めていくとのことです。
1回の発破で1メートルくらい前に進め、それを1メートル日に6回くらい。
2400メートルほどのトンネルを掘る作業は気が遠くなる作業です。
できることなら発破する瞬間を見てみたかったけれど、
さすがにそれは無理で…エジソンさんの発明に想像で頭を満たしました。

他にもショベルカーや、島に1台しかいないというジャンボドリルにも乗り、
高所作業車のようなリフトでトンネルの天井を間近に見て、
子供たけでなく大人も心から楽しめました♪

さらにトンネル工事の説明の際に、工事で出た泥水を自然に優しい薬剤を使って
魚たちの生態系に迷惑を掛けないキレイなお水と砂利に分ける過程を見せてもらい
環境に最大限配慮した工事であることも学びました。
さすが自然遺産登録をめざす島です☆

トンネル入口に近い壁面にビニールが貼ってあり、みんなで記念の落書きを♪
トンネルが開通して通るとき、この辺に落書きしたよねぇ。なんて
思いを馳せたいと思います☆

お昼は、国直集落の婦人会の方々が作って下さった鶏飯をごちそうになりました。
これが今まで食べた鶏飯の中でもベスト3に入るくらいの美味しさで、
海に入りたいくらいの暖かい陽気の中でも熱々の鶏飯を食べる&食べる☆
コトラに至っては「止まらないくらい美味しいね♪」と。素晴らしい食レポ。
なんでこんなに美味しいんだろうねー?と言いながら、
そして鶏飯はお腹一杯まで食べると膨れるので後悔することをわかっていながら、
やっぱりみんなしておかわりしちゃいました☆

その後、みんなで目の前のビーチに下りて貝殻やシーグラス探し。
自分で見つけた貝殻やシーグラスと、トンネルを掘るときに出た小石を使って
記念のフォトフレーム作りをしました♪
うちの画伯たちは…やっぱり画伯ですが…
思い出として残る、かなりパンチのある作品を作りあげました☆

またバスで送ってもらい、お土産までもらえるという至れり尽くせりのツアー。実はこれが完全に無料という、かなりうれしいイベントでした☆
子供を差し置いて質問しまくり、興奮しまくりで楽しんだわたし。
いやぁ、本当に貴重な体験をさせてもらいました。
子供たちも寝る寸前まで「楽しかったねぇ」と言い続けておりました。
島版のはとバスツアー、またこんなイベントがあったらいいなぁ♪

心も成長☆


2年生、最後の授業参観に行ってきましたぁ☆
プチ発表会があり、この1年でできるようになったことを披露してくれました。
いくつかある項目の中から、「詩の暗記&朗読」を選んだコジロー。
なぜ?全然らしくないけど?と思っていたら、
やりたかった九九は人気があり、何人かが移ってくられたら助かるなぁということで
人数の少ない詩の暗記に移ることにしたそうです。
前はじゃんけんしてでもやりたいことをやろうとしていたのに、
自分の意見を変えられるようになったことに成長を感じました。
まぁ、いつも譲る必要はないと思うけどね。

さて後半は、生活科の授業で生まれた時からのエピソードをインタビューした上で
両親に宛てたお手紙を1人1人読んでくれました。
コジローがこの1年で成長したと自分で思ったことの1つに
「いろいろなお友達と遊べるようになった」というのがありました。
とてもキマグレなコジロー。
幼稚園の時から、その時自分がしたいことをする子でした。
特定のお友達と遊ぶというより、やりたいことをまず第一に考え、
そのやりたいことと同じことをしている子となんとなく遊ぶという。
人より物を中心に考えて行動する子でした。
なので学校生活のことを聞いても、あまりお友達の名前を聞くこともなく、
お友達が遊びに来ても、本が読みたければ読み続けているという。
まぁ、本人がそれでさみしくないのならいいし、
お友達に嫌われているということもないみたいだし、学校も楽しそうだし。
群れを意識していた母親の、余計な心配かなぁとも思っていました。

このお手紙を聞いたとき、お友達と関わることの楽しさや心地よさを
コジローも感じるようになったんだなぁと、なんだか胸が熱くなりました☆
そういえば最近は休み時間にサッカーしたり鬼ごっこしたり。
しかも自分がお友達に声を掛けて率先して遊ぶようになっていたなぁと。
お休みの日もお友達と遊びたさに、とりあえず公園に誰かいないか探しに行ったり。
特に気にせずに見逃してしまっていたコジローの成長に気がつくことがだきました。
遊びだけでなく、授業のグループ活動でも率先して発言できるようになっており
これはものすごい心の成長ではないですかっ☆
本人もそれをなんとなく感じていることにも感心しつつ、
担任の先生やクラスメイトに恵まれたおかげで
バランスよく自信を付けたんだろうなぁと感じました。
8歳で早くも人生を振り返ったコジロー、とてもいい経験だったね♪