伝統の継承☆

私の勝手な願い。「子供達を身も心も魂も島人に!」ということで、
コタローがお腹にいる時は胎教に島唄を聴いてました。もちろんニューヨークでも。
ところがコジローがお腹にいる間は、なんだかんだと日々の生活に追われ
ゆっくりと音楽を聴く事さえあまりしませんでした…。
という事で、できるだけ生の島唄を聴ける機会があれば出掛ける事にしています。

先日行われた「夜ネヤ島ンチュリスペクチュ」の1日目は島唄中心。
まだ生後1ヶ月経っていないコジローを連れて行っていいものか悩みましたが
私の大好きな坪山豊さん、朝崎郁恵さんが出られるということで、やっぱり行っちゃいました☆

耳の英才教育です♪正直、歌詞の意味なんてわかってません…。
元々島唄は日常生活に根付いた唄遊びなのだから、上手い下手があるのかもわかりません。
だけどやっぱりこのお二方の島唄を聴いた時、「島唄って素晴らしい!」と改めて思いました。

「コタローとコジローが大きくなったら習わせたい。兄弟ユニットもいいかも☆」

DSCF5981.jpg
今日は奄美パークで島唄のコンサートがありました。
コンサートの最後は奄美高校、伝統文化研究部による六調など。

なんだか込み上げてくるものがありました。目頭が熱くなりました。
彼女達が楽しそうに唄い踊り、演奏する姿。自然に踊りだすおじ&おば。

「あぁ、この島は大丈夫だ」と勝手に思いました。
何が大丈夫か??はっきり表現できませんが、島を好きな子供達
伝統を継承する子供達の姿を見て、とても心強く感じたのです☆

最後に「伝えて行きます☆奄美の伝統を☆」というコメント。胸が熱くなりました。

あぁこれだったんだな、私がこの島を好きになった原点。
東京生まれ東京育ちの私には「故郷」というものがイマイチよくわかりません。
だから島人の島自慢を聞いた時、とても羨ましく、そしてとてもステキな事に思えました。

きっと彼女達も都会に憧れて、島を出て行くことでしょう。
帰ってくる子もいれば、そのまま内地に住み続ける子もいるでしょうね。
だけど島の伝統に触れたいと思い、実際にこうして触れた彼女達は
きっとステキな島自慢をしてくれることでしょう☆

コタローとコジローの兄弟ユニット、ますます実現したくなりました☆
とりあえずは2人を奄美高校に入れるとするか…。
コメント

ありがとう!!

そんなアナタの日記に熱くこみ上げてくるものがありました。
ありがとう!!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

島唄いいです。

旦那様は、島生まれの奄美人島唄の意味も解るようで羨ましいんです。
私は、関西出身なので意味解らず・・・でも好きです。
島の魂みたいなものを感じます。
兄弟ユニット良いですね~ぜひぜひ実現を(^v^)

No title

うんうん。
心に染み入るお話です。^ ^
具体的に比較するものの表現が難しいですが、この島独特な、文化や考えや空気そのものがいい具合に子供たちに影響を与えてくれるのだろうと安心というか、島外からきた人間の目線でどこか羨ましいというか・・・。(笑)
先々いろんな道があるだろうけれど、この空気の中でいろんなものを吸収して、どんな環境でも芯の通った人として生きていってくれるでしょう!
子供たちの未来が楽しみね~♪^ ^

yama42さん、

こちらこそ、島が私たちを受け入れてくれたことに感謝です。
将来、子供達がこの島に生まれた事を誇りに思ってくれる様に育てます☆

鍵コメさん、

ありがとうねぇ。
メールで話したように、本当に感謝してます☆

パイナップル定食さん、

ご主人は島人なのですね。
島人でも今じゃ島口がわからなくて、島唄も理解できない人が増えた中で
理解できるってすごいですよね☆
今も生きている島口はおいおい子供達に教えてもらうとして、
とりあえず私たちは心で島唄を楽しみましょう♪

ハビゴンさん、

昔ながらの行事に若い子や若い人たちが参加しているのを見ると安心するよね☆
自分が生まれたこの島を好きになってもらうため、
まず私たち大人が島を大切にしなくちゃだねぇ。
私ももっともっと島の事を知って芯から愛したいな。
本当、子供達の未来が楽しみ☆
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する