閉店☆

DSCF0192.jpg

1977年6月1日にオープンし、じぃじ&ばぁばが
ずっと大事にしていた「つくし薬局」が閉店しました。

娘の私が言うのも変だけど、この土地に根付いた
とてもいい「町の薬屋さん」でした☆
ご近所のおじいちゃん&おばあちゃんが
調剤の薬をもらいに来たついでにソファに座って世間話。
お薬の出来上がりを待つ間にお客さん同士話が盛り上がったり
このお店で待ち合わせなんかもあったりして。

元々この土地で生まれ育った訳ではなく、
この地に引っ越してきて人脈ゼロから始めたお店。
この33年で、とてもステキ的なお客さん達に
巡りあうことができたようです☆

お店を閉めるとお知らせしたら、次の薬局を探すだろうから
お客さんが減るだろうとの予想に反して「これで最後だから」
と、沢山のお客さんが最後のご挨拶に訪れてくれました☆
お薬の必要ない方もわざわざご挨拶に来てくださったり、
沢山のプレゼントもいただきました。

みなさん一様に「なぜ辞めるの?もったいない」と
言って下さり、中には泣いて下さる方もっ!!
こうしてみなさんに惜しまれつつ辞めるというのは
とても心苦しくもありますが、
愛されていたんだと実感することもできました。

最後の最後までとても忙しく、あまりしんみりした気分で
閉店の時を迎える事はできませんでした。
まだ閉店を知らないお客さんがお見えになった時に備えて
シャッターを半分開けておくので、開店休業状態ですが
じぃじ&ばぁばの大切なお店はおしまい☆

「お客様に尽くせるように」との思いで始めた
「つくし薬局」。名前に恥じる事なく、
心からお客様に尽くせた33年だったと思います。
DSCF0190.jpg
コメント

No title

お父様、お母様へ33年間本当にお疲れ様でした。
とお伝え下さい。

小学生ころお店に一度だけ言った事があります。
たしか風邪を引いたyouriさんのお見舞いへ同級生とw
しかも母の車で(うろ覚えすぎるがw)

あの時のお父さん、お母さんは冒頭の写真のお姿だったことを良く覚えています。
かっこよいお父さん、綺麗なお母さんの印象を受けたね!

しかし、なんという泣ける記事を書くんだ(T_T

最初と最後の写真なんて本当に素晴らしい写真じゃないか・・・・。
ステキな家族と過ごした時間。
揺らぎ無く育った信頼と子供たち。

そして孫達。
僕らも30年後はこういった写真が撮れるように
子供たちを育てて行きたいなって思いました。

本当にステキな記録を見せてくれてありがとう。
ご家族へくれぐれもよろしくお伝え下さい!

No title

(わたしが言うのも失礼かと存じますが・・・)
じぃじ!ばぁば!
お疲れ様でした!
本当に素敵なお店だったということがyouriちゃんの文面から伝わってきます。
ご近所さんだったら、わたしも間違いなく用もなく伺って、長居していたことでしょう。(笑)

どちらの写真も本当に素敵。

No title

お疲れ様でしたー!
じぃじとばぁばが33年間、一緒に力を合わせて守ってきたお店。
思い出もいっぱい詰まっていることでしょう☆
ご挨拶に来てくださったり泣いてくださる方もいたり・・・。
たくさんの方に愛されてきた証拠だねー!
若い頃のじぃじとばぁばがとっても素敵!
もちろん今のじぃじとばぁばも変わらず素敵ですよ♪

No title

沢山の人々に愛された、お店だったんでしょうね(^-^)
33年間、本当にお疲れさまでした。

お店の名前の由来、とっても素敵でジーンときました。
みんなの心の中に、つくし薬局は有り続けるのでしょうね。

No title

お疲れ様でした!!
33年もがんばってこられたんですね^^
途中辛いことも、大変なこともたくさんあったはず…
でも、お客様に惜しまれて、笑顔で閉店できるなんて、本当に素敵な薬局だったんですね!

コタロー、コジローの中にもずっと残っていたら嬉しいですね(●´∀`●)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する