田舎のバス☆

ゴールドコーストに滞在中、コンドミニアムの前はメインストリートで
朝からいっぱいいろんな色のバスが走っていました。
今回はレンタカーがなかったので、バスにも何回か乗りました。
その車中、ばぁばがコタローに教えたのがこちらの唄。



はい…かなり古い唄です…。
昭和を感じさせますねぇ☆

そしてこの唄が、とっても気に入ってしまったコタロー。
日本に帰って来てからも、お散歩中やら家の中でもよく唄っております。

しかし1つ問題が…。

コタローに親しみやすい様に、歌詞をちょっと替えて教えてあげていたのです。
「田舎のバスは~」というのを「黄色いバスは~」とか見た色をしてみたり
「わたしが美人だからよ♪」というのを「コタローが可愛いからよ♪」とか。

そしたらなぜか「ママが可愛いからよ♪」じゃないと嫌がる様に…。
私が唄う時はコタローのリクエストを無視してコタローやコジローが可愛いことにしてますが
コタローが一人で唄っている時はいつも可愛いのはママ。

いやぁ、わたしとしては嬉しいんですけどね☆
だけど人見知りのオクテくんのくせに、お散歩中の唄は大きな声。
かなり大きな声で「ママが可愛いからよ♪」と唄っているのです。
私が教えて、そう唄わせているみたいじゃん…痛い親子じゃん…。

更に、大きな車が大好きなコジローは、やっぱりバスも大好き☆
お散歩中もバスを見付けると指を差して大はしゃぎ。
そんなコジローを喜ばせる為に、いち早くバスを見付けたコタローは
「おとうと、田舎のバスよ!!」と大きな声で教えてあげます。

田舎のバス…あながち間違ってはいないんですが…。オンボロだし。
だけど島の人が聞いたら、「あんたは何様じゃ??」って感じ。
そしてコタローさん、「田舎のバス」と呼んでいるあなたは
とてもとても立派な「田舎の子」なんですよ☆

DSC03003.jpg

コメント

No title

奄美のバス最近は、絵が描かれてて綺麗ですよね。
でも、約一時間に1本は、田舎のバスで間違いないです。

No title

(*≧m≦*)むふふ
田舎バスかぁ~
コタローが唄ってるなら、島の人も微笑ましく見てくれるはず!

でも大声で「ママが可愛いからよ~♪」はこちらとしては恥ずかしいですよね^^;
でもでも、コタローから見ると、やっぱりママが世界一可愛いんですよ( *´艸`)

こんばんは

かわいい・・・けど・・奄美バカにしとる?
見たこと聞いたことをいろいろ吸収して、かわいくてヒヤヒヤな時期だね。。今の時期うちの兄ちゃんたちには会わないほうがいいかも・・・なにを吸収するかわからん・・・

No title

コタローくんカワイイです!
ママが大好きなんですね(^-^)

いいじゃないですか!
大声で歌ってもらいましょうよ☆
『ママが可愛いからよ♪』

『田舎のバス』だって、ご愛嬌です~
みんな微笑ましく受け止めちゃいますよ~~
だって、カワイイもん♪♪

パイナップル定食さん、

そうそう、最近のバスはかわいいですよね♪
だけどわたしはちょっと小型で丸みを帯びた絵も描いてないような
昔ながらの田舎のバスが好きです☆数が少ないみたいですけどね。

てちこもちさん、

田舎者が田舎のバスって唄っているんだから…愛嬌で許されるかしら?
都会の子が唄っているより罪がないかも☆
コタローが歌詞の意味をわかって唄ってくれているならいいんだけど
世界一怖いママだから…本当にかわいいと思って唄ってくれているのかしら?
はなはだ疑問です☆

おとめ母さん、

いえいえ、奄美を愛しているからこの唄が好きなのよ☆
確かに今はいろんなことを吸収していて、家の中では笑えるけど
外では何を言い出すか心配でたまらないね。
ウマシカ先輩に会いたいけど、「大人の女」とか覚えられても困るし…
わたしのウマシカ先輩への会いたい気持ちは募るばかり☆

sattoさん、

「田舎のバス」の唄が古すぎるのと、コタローの音程が確かじゃないのが救いです。
「ママが可愛いからよ♪」なんて唄ってくれるのは
きっと期間限定だろうからビデオに記録しておこうと思うんですが
カメラを向けると唄うのやめちゃって…やっぱり思い通りにはいきませんね☆
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する