地鎮祭☆

2011年3月10日 木曜日
建築関係の暦では最良の日ということで、
「地鎮祭」を行いました☆

島に住むようになって3年半、
夢に見ていたマイホームを建てる事にしました♪
土地を探し始めたのは去年の4月くらい。
幸い気に入った土地がすぐに見付かったので
着々と進めてきましたが、諸々の事情があって、
土地の仮予約をした6月から9ヶ月も経って
ようやく地鎮祭にまで辿り着いたのです☆

本当なら3月中に着工しようという事でしたが…
年度末なので公共事業で忙しいということで
どうも4月に入ってから着工という事になりそうです。
詳しいスケジュールがわからなくて、まだ実感ないけど。
DSC04890.jpg

ダンナさまの知り合いの神主さんに執り行って頂きます☆
こういう風景、今までにも何回かは見た事あったけど、
自分たちが主役というのは、なんか不思議な感じ。
コタロー&コジローに至っては、
普段着慣れない襟付きの服を着せられ
砂利だらけの場所に連れて来られて「??」です。

コタローには新しいお家の話は何度もしているので
新しいお家に引っ越す事、
ここに住む事はなんとなくわかっているみたいだけど
砂利だらけのこの場所に華やかなテントが設置されていて
これから何が行われるのかわからないから、
とにかくキョロキョロ。

DSC04892.jpg
コタロー&コジローの目を釘付けにした物…それは
お供え物のお野菜、果物、大きな鯛でした。やっぱりね☆
コジローに至っては式典の最中も目の前のバナナの虜で
「バナナ欲しい~」としきりに訴えてきておりました。

いまだ実感はないくせに、しっかり緊張したわたし。
コタローもコジローも大人しくしていてくれたので
式典に集中する事ができ、おかげでかなり緊張っ。

無事終了♪

工事中も問題なく安全に、ステキな家が建ちますように。
神様、どうか守ってくださいね。
そしてこれからの私達の島での生活も見守ってください。

DSC04896.jpg
始まる前からコタローとコジローに
何度も壊されそうになっていた砂山。
式典の最中にダンナさまがちょっと崩すのですが
記念なのでコタロー&コジローも参加させて頂きました☆
写真は終了後に心置きなく崩していいと言われたので
気持ちよくザックリいっております。
ず~っと崩したくて仕方なかったんだもんね☆

式典中は写真を撮れなかったのが残念…。
だけど、とても心に残る貴重な1日でした。
さぁ、いよいよ我が家の家作りがスタートです☆


コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

マイホーム☆

夢のマイホーム☆
いいですね~
うらやましいわ~
うちは…築30年以上の老朽化はげしいお家なので…(汗)
それも義両親の持ち物なので、勝手にリホームもできず…(汗)
いろいろ考えるとわくわくしますね~
またレポートお願いします
実は私…お家の展示場とかみるの好きで…
モデルハウスをみてまわるの好きなんです
夢がひろがりますね☆

No title

先日は暖かいコメントをありがとうございました
とっても嬉しかったです
よろしければまた見にきてやってくださいね
こちらもまたお邪魔させていただきます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメOさん、

うん、ようやく☆
コタロー&コジローはこの集落で島を知って行くんだよね。
もっともっと島が好きになってくれますように。

ご心配ありがとう。
実家、友人、知人、みんな大丈夫です。
そちらはどう?
とにかく一人でも多く救助されますように…。
小さい子供だったり、設備が必要な人だったり
みんな一様に心配なのは一緒なんだけど、それでもこういう人達のことを
真っ先に考えてしまうね、母親目線で。どうかどうか…。

みみママさん、

今までカタログなんかで勝手に夢が広がってしまっていたので
現実の我が家の狭さ、そして予算による色んな事の妥協…
ようやく現実的になってきましたぁ☆
それでもこれから私たちがずっと住んでいく家が形になっていくのは楽しみです。
みみママさんも、ダンナさまにがんばってもらって
セカンドハウスなんてどうでしょう??

ご親戚、ご友人など大丈夫でしたか?
今わたしにできること、節電だけでなく
社会を回す為にも、日々ちゃんと生活していかなくちゃですね。
とても心打たれる、そして力をくれる言葉をありがとう☆

風風いちごさん、

苺ちゃん、完全復活おめでとうございます♪
なんかとても親近感湧いてしまっているので
目に力が戻っているのを見て、本当に心から安心しました。
また遊びに行かせていただきますね☆
これからもよろしくお願いします。

鍵コメさん、

早速ご連絡ありがとうございます。
そうですか、やっぱりまだ安否はわからないのですね。
しばらくはパソコンをいじる余裕もないでしょうし
気長に「大丈夫です!」という言葉を待つしかないですね。
おちびちゃんやお兄ちゃん、ご家族みなさんが元気で無事でありますように。
一緒に心から祈っていましょう。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する