成長っ☆

今日は久しぶりの保育参観でした☆
と言っても、親は講演を聴くのが主な目的で
ほんのちょっとの時間、一緒に折り紙をする程度でしたが。

まずいつも通り「お歌」からスタート。
あぁ…なんかみんなと一緒に大きな声で歌っている姿が
成長の証。すっかりみんなに馴染んでいました。
モジモジすることなく、堂々と歌っているだけで感動です☆

DSC01506.jpg
そして折り紙の時間。今日は「ミノムシ」を作ります。
先生のお手本を見ながら、わたしは敢えて口出しせずに
できるだけ自分でやらせてみると…順番は完璧っ。
だけど、とっても几帳面なコタローの割に、角と角
線と線がきっちりあっていなくても折り進めて行くのに驚き。
意外に大雑把なところもあったのねぇ。と新たな発見をしつつ
ちょっとそんな姿に安心したりもして♪

先日の個人面談で聞いた「とっても気の合う仲のいいお友達」と
向かい合って座っていたので、「同じ色だねぇ」とか「早いな」とか
普段のコミュニケーションを垣間見られる微笑ましい一時も♪

DSC01508.jpg
コジローも先生に折り紙を分けて頂き、一緒に折り紙。
意外にこちらの方がきっちりしていて、これも新たな発見☆
お顔もしっかり書いて、コタローのミノムシと一緒に繋げました。
先生の計らいで、コタローと仲の良いお友達、コジローの作品を
一つの棒に吊るして「ミノムシ家族」が完成しました♪

で、保護者は講演会が始まるという事で、子供達はお外へ。
いつもはコタローにコジローを託すのですが…
仲のいいお友達と「行こうっ☆」と走って外に行ってしまったので
もれなくコジローは置いてきぼりに…。
でもね、実はそんな姿がうれしかったのです♪
今までは親を通してのお友達と遊んでいる姿、もしくはお友達の方から
働きかけてくれて遊ぶ姿くらいしか見た事がなかったような。
それがね、大好きな相棒のコジローを置き去りにするくらい
友達と手と手を取ってピューッと遊びに出掛けたんだから♪
園庭を探して見ると、ブランコの2人乗りをしてました。
先生が「いつも2人であんなですよ」と教えて下さり
本当に本当のコタローの園生活を垣間見れた気がしてうれしかった。

先生曰く、4月の始め頃は時計をチラチラ見たりして
実は帰りたいと思っていたかもしれない時期も
あったんじゃないかなぁということでした。
でも最近は「えっ?もう帰る時間?」とか「まだ遊びたい」と
言う事もしばしばあるそうで、本当に楽しい毎日らしい。
幸い風邪もインフルエンザもかからず、今のところ皆勤賞☆
それが本人の自信だか誇りだかになっているようで
絶対にお休みしたくないと公言するようにもなりました。
お友達と一緒に何かするのが楽しくてたまらないとも言ってました。

DSC01504.jpg
とにかく「逞しく育てる」がモットーの幼稚園。
今はチャレンジカードというのがあり、
縄跳び、鉄棒、跳び箱、平均台、うんてい、竹馬。
それぞれいろんな課題があって、1つクリアごとにシール1枚。
全部の課題をクリアするとごほうびシールがもらえるシステムです。
運動系がとにかく苦手なコタローですが、
1つ1つできることからじっくり向き合って、自分のペースで
ほんの少しずつでもできることが増えているみたいです☆

正直「チャレンジカード」の話を最初に聞いた時には
なかなかシールがもらえなくて心が折れてしまったり
課題があることでプレッシャーになって更に運動嫌いになるのでは
などなど心配をしておりました…。
意外にプライドが高くて失敗をものすごく恐れ嫌う子ですから。
だけど一度もそんな不安になることは言う事なく
今日はまだできなかったけど、まだチャンスはあると前向き発言☆
縄跳びを結んでお片づけするのは、先生の間でも話題になるくらい
とっても丁寧に上手にできたコタローですが、まだ飛べない…。
でもね、できるお友達のことを「すごいんだよっ☆」と
自分の事のように自慢して、コタローもおうちで練習したいなんて
そんなことも言うようになったのです!!
素直に人を褒められる美点はそのままに、
向上心が芽生えたのをなんだか頼もしく感じたのでした。

いまだに「赤ちゃんみたい」とか「かわいいね」なんて言われて
抱っこされたりチューされたり、そんな時はされるがままで
相変わらず「みんなのペット」的な存在ではあるものの
大きく大きく成長したのを感じられる一日でした♪