砂遊び☆

常々「子供は3人」と言っていた我が家。
何度エコー検査をしてみても、3人目も男の子で間違いなさそう。
という事で、じぃじ&ばぁばが鯉のぼりを買ってくれました☆
もちろん子供の鯉が3匹の、5人家族の鯉のぼり。
ベランダに飾った方がたなびくかなぁとも思ったけど、
せっかくの一軒家だし、やっぱりお庭に飾る用を選びました。

じぃじ&ばぁばの意向により、いくつかピックアップした上で
最終的にはコタロー&コジローに選ばせることに。
天の邪鬼な2人は、どちらかが選ぶともう1人は別のを選ぶので
2人を別々にリサーチ。すると、同じのを選びましたぁ♪
寄りによって唯一3メートルの大きいのだったけど…。

真鯉の倍の高さのポールがセットになっているということで、
6メートルもの高さのポールに5匹の大きな鯉。
きっとたなびいている時間はあまりないだろうけど…
たなびく時は風も強いだろうし、5匹の鯉を支えるのはかなりの力なはず。

なので大浜海岸に土嚢に詰める砂を取りに行って来ました☆
久しぶりの大浜は、台風並みのすごく強い風で…
夏色の海を見ることもできなかったし、ゴーゴーとすごい音。

でも久しぶりのビーチに喜ぶコタロー&コジローは
土嚢作りと言うよりお砂遊びになっちゃいましたぁ☆

私が重い物を持てないので階段上に車を寄せて、そこまで配達。
ちょっと大変かと思ったけど、コタロー&コジローがんばってくれました。


小さなバケツに、スコップで丁寧に砂を詰めるコタロー。
階段をお掃除するかのように、手が箒&スコップがちりとりになったり
なんか自分なりのルールを作っているのがコタローらしい。
毎回運んで来るバケツは砂が口までびっちりだし
表面はスコップできれいにさらえてました。

一方コジローは、たまにコタローの真似してびっちりにするけど
持ってくる砂の量は少ない時もあってマチマチ。
砂の集め方もスコップですくったり、わざと反対にしてすくってみたり
その辺に落ちている葉っぱや枝で集めてみたり。
それはそれはバリエーション豊かに集めておりました。

本当にねぇ、兄弟で全然違うなぁと思いながら眺めてました。
さてさて、お腹の子はどうやって集めるのかしら?なんて思いながら☆

で、土嚢4つ分がんばって作ってくれましたが…島のお友達に聞いたら
まだ鯉のぼりを飾るにはちょっと早かったみたい…。
旧暦でお祝いする事の多い島では、4月中旬から梅雨入り、
もしくは旧暦の節句まで飾るとのことです。なので今日は土嚢作りまで。
鯉はもうちょっとお休み。早く見たかったので残念だけどね。
でもコタロー&コジロー、鯉のぼりの支度がちょっとできて
なんだか楽しそうでした♪飾るのも楽しみだね♪♪
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する