ありがたき指導者☆

コタローが相撲を始めて1年ちょっとが経ちました。
最初は相撲の練習に行くだけで楽しかったけど、
最近はちょっと壁にブチ当たってまして…嫌になることもあるとか。
練習の後半でする乱取りでなかなか勝てないから面白くないと。
そりゃそうだ。勝負事は勝ったり負けたりするから楽しいものだもん。

でも実はコタローなりにちゃんと練習の成果は出て来ています。
「真面目にコツコツ」がコタローの長所☆
基本を確実に積み重ね、監督やコーチ、相撲好きのお父さんの注意を
一所懸命に実践しようとする姿勢はちゃんと身を結んでおります。
前は簡単に負けていた相手にいい試合をしたりたまに勝ったり。

でもやっぱりそこは子供。
勝ちか負けか。all or nothingでしか考えられないのも仕方ないこと。
とはいえ、「勝ちたい」という気持ちが生まれてきたからこその壁。
さてさて、これはどうやって一緒に乗り越えようかと考えておりました。

そんな時、監督&コーチとのお酒の席でゆっくり話すことができました。
監督の目から見ても最近のコタローはコツコツと積み上げてきたものが
形となって成果を出し始めてきているとのこと♪
何よりも普段の真剣に取り組み、注意されたことを自分なりに
一所懸命なんとか理解して実践しようとする姿が見える。
今は体格的にどうしても力が出せなかったり不利ではあるけれど
この姿勢を貫けばコタローなりに確実に成長するはず。
そんな嬉しくて涙が出るようなお言葉をいただきました☆

練習中には幼稚園生とばかりで、なかなか1年生とやらせてもらえず
「監督、コタローの年齢間違えてる?」疑惑も母達の間でありましたが…
いやいや、コタローの性格やら姿勢やらをきちんと見極めた上で
コツコツと下から力を付けさせて下さっていたんだね。
そう、努力には飛び級はなしっ!
継続は力なり!!なのです。

何よりもコタローの内面までしっかり捉えて導いて下さっていることに
親として本当にうれしくてありがたい気持ちでいっぱいなのです。

コタローにも監督からの言葉を伝えると、
最高のハニカミと共に何かが吹っ切れたのかな?
楽しそうに練習に向かい、基礎から真面目にがんばってます☆

一方、何度か練習中にキレたことのあるコジローですが…
まだまだ夜遊び程度だし、負けて泥んこになるのを喜ぶくらいだし…
コタローのおまけくらいの気持ちでやらせているつもりでしたが、
先日のスポーツ少年団のスポーツテストがあった日のこと。
どのテストもあやふやなまま適当に参加してたけど、
小さいというだけで全て免除だし、可愛がられていたとか。
そんな中、5分間走は体力的に無理だろうと思った監督は
「コジロー、無理しなくていいから、つらくなったらやめなさい」と
走る前も最中も声を掛けて下さったそうですが
コジロー、兄ちゃんたちにがんばってついていって完走したのです!
監督はうれしくて涙が出たと言ってくださり
「コジローのいざとなった時の粘り強さが出ていた」と
相撲ではあまり見せていないけど、実は…ということも
きちんと見抜いてくださっていたようです☆

今までに周りから頼まれバスケ、水泳、相撲とたくさんの子供たちに
いろいろな事を無償で指導して来られた人格者な監督。
親も子も導いていただいています☆

こうして家族以外の人に関わってもらって
視野を広げて導いてもらえるわたし達って本当に幸せ☆
相撲だけではなく、人間としても指導していただきたい♪
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する