小さな恋☆


コジロー、人生で初めて本命チョコをもらいました☆
お家まで届けてくれたその子は、緊張のあまり泣きそうになりながら
震える手でチョコとお手紙を差し出してくれ、本気度が伝わってきました。
ありがとうね。
初恋の相手がコジローでいいんだろうか?とも思うけど、
コタローに自慢している様子からして、義理チョコではない本命チョコの
ありがたみやら気持ちの重さなんかは伝わっていたんじゃないかな?
聞くところによると、家ではあまり見せない「優しさ」のおかげで
他にも2~3人の子がコジローを取り合いをしているとの事でしたが…
結局もらったチョコはこれ1つ。
でもうれしいね。大切に食べましょう☆

一方コタローは前々日の帰り道に2年生のお友達が
「土曜日のお昼くらいにチョコを届けるね」と言っていたとかで
体操教室から急いで帰って来たというのに…結局もらえず…。
義理チョコを楽しみに待っていたのにもらえないって、女心は罪ですっ!
なぜか「明日くれるんじゃない?」なんてポジティブなこと言ってるけど、
バレンタインは今日ですからね。きっとその望みも断ち切られる事でしょう。

そんなこんなでボーイズの母は、本人たちがいらないと言うまで
毎年バレンタインにはチョコスイーツを作ってあげなくちゃな感じかな。

さて、ダンナさまには去年と同じく生チョコケーキ☆
一応リクエストされたので作ってみましたが、
きっとリクエストしたことも覚えてないでしょう…。
そして今夜は音響さんとしてのお仕事を頼まれたので帰りは遅く、
13年目にしてアメリカ流のバレンタインは途絶えたかな。さみしー。

コトラはまだ参戦していないので、とりあえず今年のバレンタイン決戦、
コタロー1人の惨敗で終わりましたぁ☆
三人三様のバレンタイン、さて、来年はいかに??

追記★
次の日の夕方、無事コタローもチョコをもらえました♪
2年生のお友達が届けに来てくれました。
そして頂いた義理チョコの数を何度も数えるものの
やっぱりコジローより1つ少ないと…。
そりゃそうだ、義理チョコはみんな2人にくれてるけど
本命の子はコジローにしかくれてないんだから。
来年はがんばれっ、コタロー!!
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する