追い込み漁☆

なんでも「やりたいっ!」星人のコタロー、
小規模校への1週間の短期留学のお便りを持って帰って来ると
もちろん「行きたい!」と元気いっぱいアピールしてきました☆
両親共にIターンということで、島の小規模校にも興味あったので
とりあえず「本人の希望により」という志望動機も添えて申し込みました。
後日、芦花部小学校からお便りをいただき、受け入れてもらえることに♪
後から知ったことだけど、奄美市内の全ての学校の3年生以上が対象で、
全学年合計で10人という、なんとも狭き門だったのでした☆
本当にコタローってこういう運がいいのよね♪

留学初日は伝統的な追い込み漁の体験です☆

まずは全校生徒が揃ってから自己紹介。
マイクを持ってちゃんと挨拶ができ、ほっとしました。
人前に出ても緊張しなくなりました。

振り分けられた班ごとに手を繋いでズンズン海へと入って行きました。
朝激しく降っていた雨も上がりましたが、水は冷たいし波は高い…。
みるみる小さくなっていく姿。大丈夫かなぁ?
ライフジャケット着てるけど、足は届いていないはずっ!
コジローは残念ながら留学生ではないので波打ち際で戯れるだけ☆

なぜか「がんばってー!」と叫び続けるコトラ☆

あれよあれよと進んでいき、追い込み漁が終了☆
近年で1番の大漁だったとか♪
大きな高級魚のエラブチなんかは前日にもっと沖の方で
地元の漁師さんたちが仕掛けて獲ってくださっていたとのことです。

在校生に教えてもらいながらウロコ取り。
コタロー、「手が痛い…。」とか言って戦力外でしたが、
在校生はさっさとウロコを取り内蔵も取り出したりと手際がいいっ!

もちろんマネっ子星人もやりたいと言うので、小さなお魚を担当♪

今日1番生き生きしていた人☆
もちろんウロコ取りもやらせてもらい、もっとやりたいと積極的。
内蔵を取った魚を洗いに行ったり内蔵を触ったり匂ってみたり。
それはそれは「君が留学生?」ってな感じに楽しんでおりました♪

捌いたばかりのお魚を、すぐ横の公民館で唐揚げにしてくださり、
しっかりいくつもいただいた食い意地ザウルス☆
お刺身でも食べられる新鮮なものを唐揚げにする贅沢っ!しかも揚げたてっ!
子供たちはこのまま公民館でお弁当&唐揚げ&スイカという贅沢ランチ☆
そしてレクリエーションがありました。

わたしたちは1度家に帰り、夜は懇親会へとまた出掛けました。
夕方戻ると、すでにお友達ができて遊んでいる姿にホッとし、
遠足用の豪華お弁当に唐揚げ&スイカを食べて丸々したお腹のまま
また夜の宴のお料理を笑いながら幸せそうに食べる姿には驚愕し…。

今更ながら、ホームステイで申し込めば良かったかもなぁ。
全校生徒と地元の方たちが集まる姿を見て、もっと入り込めばよかったと
ちょっと遠慮を込めたホームステイ辞退したことを後悔しました。

今回の留学の一大イベントである追い込み漁が終わってみて、
やっぱり今回申し込んでみて良かったと改めて思いました。
残りの数日、初めての複式学級での授業などなど
普段通う大きな学校では体験できないことを
存分に楽しんでもらいたいなぁと思うのでした☆