第44回奄美少年少女空手道大会

楽しみにしていた大きな大会がありました☆
年に1回、奄美群島から参加者が集まる貴重な大会です。
強豪の徳之島チームも参加するので、気合いも入ります。
2週間前にコタローがおたふくになり…潜伏期間を考えるとヒヤヒヤでしたが
無事なんとか健康に過ごせたので安心しました。

去年は形の部門で銀メダルをもらったものの、
初めて人に負けたことが悔しくてたまらなかったのでリベンジですっ!
師範にも「そんなことじゃチャンピオンになれんぞっ!」と喝を入れてもらい
珍しくちょっと緊張して臨みました。

結果は…残念ながら3位。
演舞は素人目に見てもうまくなっていましたが、
前日に修正された箇所で深く踏み込みすぎてぐらついてしまいました。
今まで形は安定していたのですが…残念っ!
本人もかなり動揺したのか、入賞を逃したと思っていたようです。
3位で名前を呼ばれた時には心底ビックリしていました。
ちょっとうれしそうにはしたものの、去年より1つ順位を下げたことが
とても悔しかったらしく、目が合うなり泣き出しました。
自信があるはずの形で3位だったのは相当ショックだったみたいです。
でも出場者が去年の倍くらいになった中での3位は大健闘です☆
足腰を鍛えるという課題も見えたので、次はがんばろうっ!

さて、次の種目は団体の形。
今回はメンバーが1人変わり、初めての顔ぶれで挑みました。
結果は…同点での再試合により残念ながら判定負けしてしまい4位の優秀賞。

でもこの試合後の清々しい顔を見たら、みんな満足だったのでしょう☆
待ち時間とかバラバラしていたまとまりのない3人が
短期間でよくここまでまとめたなぁと、感心しました。

さて、残すは個人の組手だけですが、これに関しては普段から
「組手は苦手っちょねぇ。」と本人も言っているので
こちらとしても、緊張することなくおおらかに見守れました。
初戦の相手が、去年の優勝者ということもあり、
内心はくじ運?悪いなぁ…。と弱気でしたが、
コジローには「普段から年上と練習しているんだし、
前の大会では勝ったこともあるんだから。」と
気だけは強く持つように上げて送り出しました。

今までに見たことがないほど力強く前に出ていき、勝ってしまいましたぁ☆
そしてそれからはどんどん勢い付き、あれよあれよと勝ち進んでしまいました。
決勝戦では残念ながらポイント入らずの判定で負けてしまいましたが
わたしが今まで見た中で、1番責めていたし冷静に相手を見ていて
とても素晴らしい試合だったと思います。
予想外の準優勝、母も師範もビックリしちゃったよ☆
もう「組手は苦手っちょねぇ。」とは言わせないっ!
ただ、やっぱり本人は悔しかったらしく、
礼が終わった瞬間に泣きじゃくりの大号泣。
でも、本当に素晴らしいがんばりでしたっ!

メダルもらえば笑顔になるよねぇ♪

今回はどれもコジローとしては納得のいかない結果ばかりで
試合後には泣いてばかりいたけれど、
それはひとえに勝ちたい気持ちが強いからっ!
今の成績に満足することなく、もっと上に行きたいという気持ちは大切っ!
試合後の涙を見るのはつらかったけれど、そう考えたら涙も愛しい♪

形も組手も課題がはっきり見えたことだし、
5月の県大会に向けて、またがんばりましょう☆

さてさて、朝早くから夜までの丸1日、
付き合ってくれたコタロー&コトラにも感謝です☆
みんなぐったり疲れたので、夜ご飯は回転寿司♪
コタローのおたふく騒動で延期になっていた、
漢字検定の満点賞のお祝いも兼ねて楽しんできましたぁ。

涙も笑いも緊張もあった目まぐるしい1日が終わり、ホッとしました☆