初登校☆


コタロー、今年度は山を1つ越えた集落にある特別認可校に通います。
去年、1週間のふるさと体験留学や招待してもらった運動会、
2日間の体験入学を経て、1年間通ってみようと決心したようです。
親としても、せっかく島に住んでいるんだから
島は特有の授業や体験ができる学校も楽しそう♪と、大賛成☆

始業式は明日ですが、今日はバスの試乗という名目のもと
明日の入学式の準備などもしてくるらしい。
最寄りの大きな学校では入学式に参列するのは6年生だけだったので、
早速初めての体験をしてきます。
新調した体操服でウキウキ出掛けました♪
今年1年、小規模ならではの楽しい経験をいっぱい楽しんでおいでぇ☆

ASA スポーツアカデミー☆


3年間お世話になったASAスポーツアカデミーの体育教室。
3年生までのクラスしかないということで、コタローは卒業です。

通っていた幼稚園に出張体育教室ということで来てくださったのがご縁。
運動があまり得意でなかったコタローが楽しそうに体を動かしているのを見て
お世話になることを決めたのでした。
「体を操るのではなく、育むことを目的としています」という理念が好きで
派手な技ができるようになった訳ではないけれど、
毎回楽しく体を動かして、心も体も育んでいただきました☆
3段の跳び箱で顔面着陸したコタローが、ロイター板なしで5段跳んだり
いつの間にか逆上がりができたり、ハンドスプリングを教えてもらったり。
何より3年間、1度も怖くなったり嫌になったりすることなく
ずーっと楽しく運動できたことがうれしいです♪
本当、すばらしい出逢いに感謝っ☆
卒業するのはさみしいけれど…また体育の授業で躓いたら助けを求めようっ!
3年間お世話になりました♪

おたふくボーイ 1人目☆


金曜日の朝、学校から呼び出しの電話があり、
おたふく疑惑で早退してきたコタロー。
耳の下辺りが痛いということで流行りのおたふくではないかと。
ということで、先日丸々し過ぎているが故におたふくを疑った病院へ
改めて診察に行ってきました…が、まだ腫れていないので断定はできないと。
本人も早退してきた割にものすごく元気だし、食事も普通に食べられるし。
口を開けるのも痛いし、食べ物が喉を通らないと聞いていたので
ヨーグルトやプリンを買っていたわたしは肩透かしをくらいました。
で、そんな状態のまま月曜まで過ごしたので、もしや周りで流行り過ぎていて
耳年増からの「妄想おたふく」?なんてのも疑ってしまいましたぁ。
月曜の夜中に痛いと起きてきて、そこから順次腫れが広がり
時間差で4ヶ所全部が腫れましたとさ。
まるでコタローデラックス☆
熱も出ず、痛みで食欲が落ちたのも2日だったので軽い方ではあったかな。
でもとにかく発症が遅かったのと時間差で腫れたので、
週末や祝日も含めて11日間の出校停止…長かったぁ。
生まれて初めての欠席が11日連続だし、転校直前の3学期の終わりに…。
なんともハラハラさせられるおたふくとなりました。
そして、潜伏期間が2~3週間ということで…コジローの群島大会っ!
なんとか我が家の病弱コジローにはうつりませんようにっ!

おたふく疑惑☆


我が家の鉄人コタロー。
全くの風邪知らずで、最後にお医者さんにかかったのはいつでしょう?
年に1回くらい不調を訴えますが、大抵一晩寝れば回復。
おかげで、幼稚園年中さんで集団生活を始めてから今まで、
5年間完全皆勤賞を継続中☆

そんなコタローが「お腹が痛い」と右下腹を痛そうに押さえていました。
普段痛みを訴えないコタローが言うので相当だろうと思い、
盲腸も心配だったので久しぶりに病院で受診してきました。

問診と触診のあと、盲腸の疑いはないでしょうとのこと☆
そして「お母さん、この子いつもこんなに太ってる?」と先生。
わたしは??と思いながらも「普段から丸々はしてますが…」と返答。
すると「この子、もしかしたらおたふくかもよ?膵臓炎でお腹壊してるかも」。
と話す先生の手は、通常の耳下ではなく顎下を触診してました…。
そうそう、パーンとしていたわたしも、顎下が腫れたんでした。

とりあえず経過観察ということで帰宅。
まぁ学校中で流行っているし、周りも菌の保持者ばかりだからね。
ここらで3人ともかかっていいかもと覚悟をしていましたが…
診察から1週間経ちましたが、あれからずーっと元気なコタロー。
あれっ?おたふく疑惑はどこいった??

強い子は熱が出なかったり腫れもほとんどなくて
気がついたら患って治っていたということもあるらしいので、それかしら?
だとしたら、我が家では1番病弱なコジローが発症したらわかるねー。

さてさて、丸々肥えてきて立派な二重アゴになってきたコタロー。
それ故ののおたふく疑惑が浮上しましたが、真相や如何に??

先生の心意気☆


1年前の今日は、コタローが逆上がりができるようになった記念日☆
動画を見ながら感慨深く思っていると、学校からうれしそうに帰ってきました。

お隣のクラスの担任の先生がお休みだったので、
今日の体育の授業は合同で跳び箱をやったとのこと。
先生は跳び箱が得意でなくてお手本を見せられないので、
代わりに「台上前転」をみんなの前でやったとか☆
確か先週の体育の授業では開脚跳びしかできなかったはず。
それが台上前転のお手本をやったの???

「運動が苦手な子の気持ちはよく理解できます。」と仰っていた先生。
普段から「できるできない」ではなく、取り組む姿勢を評価してくれ
どんくさいけどがんばるコタローを応援してくれています。
そんな先生だからこそ、さっきできるようになったばかりの事を
お手本という形でみんなに披露することで、
普段は目立たない体育の授業の中でもキラリとさせてくれたのでしょう。
ちゃんと見守ってくれたこと、そしてこの心意気にホロリときたのでした☆
コタローは本当に先生に恵まれているなぁ♪