芦花部歩こう会☆


今日はコタローの学校のウォークラリーでした☆

学校をスタートして、1つ山を越えて龍郷町の秋名にある
桜並木を目指して歩きます。
お天気は残念ながら曇りだし、風が強く吹いていましたが
朝は雨が降っていたので、止んでくれただけでもありがたい☆

6キロのコースはいきなり山道を上るところからスタートです。
コタローは学校で縦割りのグループがあったので先を行ってしまいました…。
コトラはいい格好しぃで走って登ったり、蛇行したり戻ってきたりするもんだから、
6キロもつのかい?と不安になったけど
集落の方たちが誉めてくれたおかげで、文句は言えない状況に☆
途中、上級生にこねくり回されたりして、終始楽しんでいる様子でした♪
後半の下りは桜が見られるようになったことで、気分も上がったしね。

ということで、無事に見事に咲いた桜を拝み、桜の絨毯も堪能してから
今度はトンネルを通って普通の道を戻りました。
トンネルの中は、車が通ると不気味な音がすることも発見☆
何事も経験するといろんな発見があって楽しいねぇ。

コタローは、中学3年生との最後の思い出ができたし、
みんなでお話ししながら歩くのは楽しかったと発表していました☆
地域の方たちも交えた歩こう会、小規模校らしい温かいイベントでした♪

大和村まほろばウォーク☆


なぜか最近「なんでもやりたい星人」になってきた、意欲的なコジロー。
七宝焼体験に続き、今度はまほろばウォークに参加したいと言い出しました☆
実はこの日、コジローの学年レクがあったのですが、
こちらのウォーキングの方に参加したいということだったので、
家族で過ごしたいという気持ちを喜びつつ申し込みをしました♪

過去に2回参加していますが、1回目コトラがストライキを起こして大変で、
2回目は豚汁とおにぎりで釣って、雨が強く降る中でがんばりました。
1回目と2回目でステップアップしたということで、
今回は4キロコースから6キロコースへのステップアップをしてみました☆

お天気予報ではかなりの確率で雨が降りそうでしたが…
チラホラ青空も見えたりしたので、カッパを忍ばせる程度で。
コトラは今年も「豚汁♪おにぎり♪豚汁♪おにぎり♪」と
大きな声で繰り返しながら、ご褒美ランチを目当てにがんばって歩きました。

ぜいたくにも1人1台のデジカメを持っている3匹の黒ブタたち。
あれがおもしろい。これがきれいだ。と熱心に撮影していて進まない…。

コタロー&コジローは帰りの上り坂をロードレースの練習と
走って上りましたが、行きの遅れは取り戻せず…ゴールした時には
楽しみにしていた抽選会はすでに終わっていました…。
だけど結果を見たら、大和村産のお野菜の詰め合わせが当たっていましたぁ♪

ただ黙々と歩いていただけの今までと違い、
同じ緋寒桜とはいえ、とても濃いピンクと薄いピンクがあるねぇとか、
以前お花見した内地のソメイヨシノもまた見たいねぇとか、
桜のお花と戯れているメジロを写真に収めようとしたりと、
お花見を楽しみながらのウォーキングができました☆

途中、ドジョウも住んでいるという沼地で、
1本だけ目立つようになっていたススキを「魔法のレバー」ということにして
「あのレバーを引っ張ると、このススキの絨毯がぶわぁって動いて
向こう岸まで辿り着く道ができるんだよ。」というウソをついてみました。
「ウソでしょ?」「本当だよー」という問答の末、
コジローが「じゃぁ確かめて来る!」と沼地へゴー。
レバーに届く前に沼にはまって靴を濡らして帰ってきました…。
んなことあるわけないじゃんっ!
意外にピュアだね、コジロー☆

とまぁ、こんな風に遊んでいたから遅くなったのですが
初めて通った道が楽しかったり、キャンプ場を通ったおかげで
温かくなったら家族でキャンプしてまたいねぇ。なんて思ったり
とても楽しい時間を過ごせました♪

ゴールに辿り着いてお昼を食べ始めたくらいから雨が降りだし、
なんとかその前にゴールできたことにも安堵。
その内お友達との約束が優先になっちゃうんだろうけど、
こうして家族で素朴なお散歩ができるって幸せだなぁと。
満開の桜も見られて、とてもいい週末になりました♪

チャレンジキャンプ冬☆


春にも参加した、少年自然の家主催のキャンプに参加してきましたぁ☆

冬の活動は盛りだくさんです。
まずはグループごとに自己紹介などが済んだら、夕食メニューを決めます。
テーマはお鍋ということで、コタローのグループはぜいたくにもすき焼き☆
何がいくらくらいかを予想し、予算内でどれだけ買えるか話し合ったとか。
この時になかなか計算が合わず、ワチャワチャしていて仲良くなったそうです。

そしてみんなで山を下りた先にあるスーパーまで買い出しに。
これがなかなかの距離ですが、みんなで仲良く歩いたので
そんなにつらいと感じなかったそうです。すごいなぁ。
もちろん帰りは山を登らなくちゃいけないわけで…荷物もあるし…
ということで、帰りはトレッキングになり、
ちょっぴり寄り道をして海を目指して歩いたそうです。
気分的に楽しくなるのか、帰りも全然つらくないし海はきれいだったって♪

持参したおにぎりでランチをしたあとは、春に植えたサトウキビの収穫。
そしてサトウキビを絞って、フライパンで煮詰めて黒糖作りをしました☆
黒糖を作るとは聞いていたけれど、ここまで本格的にするとは思いもよらず。
2つのフライパンのうち、1つは焦げて失敗したけれど
もう1つはちゃんとできて、みんなで堪能したそうです。
いい体験をしたねぇ、なかなかここまで本格的にはできないよ。
そりゃ、お土産に持って帰ってきたのはちょっぴりだよね…ほとんどカケラ…。

ちょっとの牛肉とたくさんの豚肉で作ったすき焼きはとてもおいしかったらしく
〆のおうどんまでお腹いっぱいになるまで食べたそうです。
食後はロウソクの光の下でみんなで家族への想いを語り合ったとかで、
なにを話したのかなぁ?と気になりつつも、教えてもらえず。
聞きたいような、聞くのがちょっと怖いような。
このあと、星座観察はプログラムにありませんでしたが
星がきれいだったからみんなで見ていたそうです。
たくさんの流れ星が見えたそうですが…願い事は忘れちゃったんだって。

春は雨が降っていたので体育館にテントを建てて寝袋で寝ましたが
今回はきれいに晴れていたので、外にテントを張っれました。
コタロー初の野外テントでの宿泊です♪
南国とはいえ一応冬なので寒かったけど、寝袋がすごく暖かかったと。

さて2日目は、木工細工をしたりゲームをしてお昼の食材争奪戦をしたり。
コタローのグループは、お昼のカレーに入れる隠し味でヨーグルトを当てました。
おっ。いいのでよかったね。と思ったけれど…全部入れるルールだったのかな?
大量のヨーグルトで、カレーがマイルドを越えて酸っぱくなったとかで、
やっぱり普通のカレーが食べたかったなぁ。というのが感想でした☆

たった1日半だというのに、本当に盛りだくさんで楽しいキャンプ♪
仲のいいお友だちもいましたが、残念ながら別のグループに。
だけれど、やっぱり躊躇ぜずその場ですぐにお友だちになれて楽しめるコタロー。
初めてのお友だちや、スイミングで顔だけは見たことのあるお友だちと
最初から最後まで仲良く過ごせたようです。
これも1つの才能だよなぁ。
また次の春のキャンプも参加したいようで、最年少で参加した今回と違い、
春は経験者&上級生として参加したら、また別の楽しみがあるかもね☆

本当に本当に、とても貴重な体験ができてよかったね♪

あったどこね☆


芦花部小学校の授業の一環で育てた「あったどこね」を持って帰ってきました☆
有良集落のブランド大根です。
葉も実も大ぶりで、辛みと苦味が特徴らしいです。
お野菜の高騰が激しすぎて買えない上に
今年の我が家の畑も不作で…とても助かります♪
あったどこねも育ちが悪いと言われていたらしいけれど、
収穫前にグングン育ってくれたそうです。

さぁ、どうやっていただきましょうか?
おでんにしようか豚汁にしようか。迷ってしまうぅ。

七宝焼☆


我が家の「なんでもやりたい星人」はコタローだと思っていましたが
今回は珍しくコジローからの「やってみたいなぁ」でした。
学校から七宝焼体験のお便りを持って帰ってきて、
「スプーンかフォークを作りたいなぁ」と言ってきたので
どうせなら各々が使うスプーンとフォークを作ってみようということに☆
実は以前にも七宝焼は体験済みですが、作ったキーホルダーは
七宝焼部分がすぐに外れてなくなってしまっていたのてした…。
それにダンナさまとコトラは体験していなかったしね。
ということで、みんなで張り切って申し込んでみました♪

色選びの時、コジローとわたしは丸かぶりという…
なのでわたしはちょっとアクセントを付けたりして趣向を凝らしました。
他はみんな特に迷うこともなくちゃちゃっと決めて
説明通りの手順で、各々が集中して作業。

窯で焼いてもらう前に手慣れたスタッフが手直ししてくれるようでしたが
無事、手を加えられることなく自力の作品を焼き上げてもらいました♪

意外にコトラもちゃんとできました☆
なるべく自分でやりたいとのことで、最後にわたしがちょっと手直ししたくらい。

完成っ☆
会心のできの作品もあれば、ちょっと凸凹しているのが気になる作品、
思ったのとちょっぴり違った色合いの作品やら、いろんなモノができました。
早く使いたいとのことで、ケーキを焼かなくちゃいけないかしら?
これからの食卓を彩ってくれそうです♪